先日の金曜日の夜中のコト。


早めに就寝した小生であるが
夜中2時前に拙宅の次男氏が

「ぱぱー、ケータイが鳴っとるで。」

と起こしに来る。

小生は寝るとき、
近場にケータイは置いておらず
一人で一階の和室に寝ているのだが
たまたま夜ふかしした次男氏が
寝る前に水を飲もうと
階下に降りてきて
ケータイが鳴っているのに気づいたらしい。


出てみるとカイシャからで、
プチトラブル案件であった。

本来の第一コール先の後輩が
電話に出なかったので
その後別のメンバーにディスパッチされ
そこから二進も三進もいかなくなって
小生に電話がかかってきたらしい。


小生もその後輩に電話してみたのだが

ふざけんなau、
8コールでギブアップすんなよ!!





そう、auのケータイは
8コールで

「呼び出しましたがお出になりませんでした」

といって切ってしまうのである。


au


おもしろくねーわ!ww


拙宅においても、ヨメ氏のみ
いまだにauユーザなのだが
同様に8コールで切れてしまうため
つながった試しがないのであった。


ケータイの意味なくね??
 (╬⊙д⊙)



そんなドコモユーザの怒りはさておき。



・・・・ソフバン?

シラネ(゚⊿゚)




人はナゼ
気温が下がってくると
味噌ラーメンを欲するのであろうか?
(;・`д・´)


それ昨日も言ったww



今日もまた寒かったのでコチラへ。


DSC_7878

DSC_7877


味噌麺処 太鼓


DSC_7876




日なたは陽光で温かいが
日陰は寒いこの時期。

入店するがカウンターは満員で
2名の待ち客が。


とりあえず食券を購入。


DSC_7868


前回は

痺れ味噌らぁめん

をチョイスしたので
今回は

から味噌らぁめん

にチャレンジしてみることに。


ご店主の奥様であろうか、
事前に食券の確認に来る。

麺は太麺と中太麺から太麺
辛さは1辛から4辛で4辛を選択。


待つ間に店内の観察など。


DSC_7869

自家製麺機。


DSC_7870

川商ハウスの
引っ越しラーメンキャンペーン。

引っ越し蕎麦の代わりであろうか。

あ、引っ越した当人がラーメン食べるのかww

味噌麺処太鼓 - Spherical Image - RICOH THETA



しばしの待ちの後
席に通される。

前回と同じ端っこの9番席


残念ながら調理の様子は
間近に見ることはできないが
大火力で
じゃんじゃんと野菜を炒めている。


DSC_7871

運ばれてきた
レモン入りの冷水
をたしなみながら
待つことしばし。


DSC_7872


来ましたっ!!


DSC_7873


おっほぉ〜・・・・

なかなか赤いネ。
(*´ー`*)


調理の様子を見ていると
4辛の場合
調合された『赤い粉』
レンゲで4杯ほど中華鍋に投入していた。

さて、お味のほどは。


スープをひとくち。


DSC_7874


レンゲにてろ〜んと流入してくる
流動性の高いスープ。

トウガラシの微粉末と味噌の濃度で
粘度がアップしている模様。


ずずっ!!


ふむふむ。

辛さは刺し込んでくるタイプではなく
じんわりと効いてくる遅効性

ただ、一部分先鋭的に感じる部分もあり
ジョロキア系のトウガラシも
少し入っているのではないか。
(憶測)


麺は太もやしとほぼ同じ太さで
かなりの極太麺である。

つけ麺では提供があるが
ここまで太麺を出す店は
鹿児島ではほとんどないのではなかろうか。

辛さのイメージは最初から最後まで
ほぼ変わらぬ辛さで
最終的には
2.8KM
と辛ジャッジいたしました。





これまでWebでは引用できなかった
辛メーター
のページであるが
今回のリニューアルにより
Web上で引用できるようになったのは大きい。



いやぁ、美味しゅうございました。

ごちそうさまです。


DSC_7875


見苦しい食べ後で申し訳ないww


から味噌らぁめん
も美味しゅうございました。


お試しあれ。