これまでも何度か話題にしているが
割とちょくちょくある

Facebook上での無言お友達申請。



facebook


小生の個人ページの紹介文には

「メッセージもらわない限りお友達承認しません」

的なことをハッキリ書いているのだが
いまだにポツポツとやってくる。

だいたいこういう方は
複数の共通のお友達がいるのであるが
先日小生も

無意識に
操作ミスから

見知らぬ方へお友達申請してしまい
慌てて取り消したところである。

やはり、こういう無言申請は
操作ミスによるのだなぁと強く思った次第。


どのような状況かというと
まぁ、いくつか操作ミスの道はあるのだろうが
たとえばパソコン等のブラウザ
操作している場合。

他の人のタイムラインを見ている際に
マウスが勝手に動いて
コメントを書いている方の名前やアイコンに
カーソルが乗ってしまうと
その方のサムネイルと

 『友達になる』 

のボタンがポップアップ表示されるのである。

その時、たまたまマウスを動かして

 『友達になる』 

のボタンを押してしまうと
それでお友達申請されてしまうのであった。

しかも、その時ちゃんと見ておらず
複数の方がずらずら並んでいると
どの方にお友達申請したのか
いや、そもそもお友達申請したことすら
気づかないこともあるのである。


たまたま気づいて
どの方に申請を出してしまったのか
すぐに判別が付けば
即座に申請を取り消すこともできようが
そのまま別のページに
移動してしまったりすれば
もうどなたに申請してしまったのかも
ワケワカラン状態になる。


小生は間違って押してしまったことに
すぐに気づいてその場で取り消したが
おそらく気づかずに申請することは
十分にありえることである。


よって、小生の場合
申請をもらって1日ほど放置して
なんの連絡もなければ
サクッと申請を削除することにしている。


申請した本人も
おそらく気づいていないであろうから。


ただ逆に
「メッセもらわなければ承認しない」
と書いたタテマエ上
メッセをもらってしまうと
断れなくなってしまうのであるが・・・・
Σ(´∀`;)


別に断らなくていいじゃんww


そんなFacebookジャンキー
繰り言はさておき。




こちらのお店の復活
待ちわびていた方も多いのではなかろうか。


 麺食堂TaRa 


DSC_7879




この秋頃からであったろうか。
こちらのお店がずっと閉店していたのは。


小生もその再開を
待ちわびていた中のひとりである。

たまに店の前を通ってみると
「都合によりしばらくお休み」
の看板が出ており
どうしたのであろうかと思っていたのであるが
つい先日からオープンしていると
複数のスジから情報を得ていたので
駆けつけてみた次第。


あ。

月曜日には定休日と知りつつも通ってみて
昨日の火曜日にはもうやっているかと思って
やってきたら
14日15日はお休みします
と書かれていて
本日満を持してやってきた次第。

開店時間を狙って11時半に来てみると
開店は11時40分と書かれており
しばし寒空で待つ。


他にも数名の待ち客がおり
相変わらずの人気のほどがうかがえる。


なお、現在は慣らし運転なのか

『本日は
とんこつ醤油・中華そば
の提供になります』


と書かれていた。


さて、時間通りに開店。

券売機へ。


DSC_7880


メニューは大きく絞られていて

ラーメン
ラーメン(大)
チャーシューメン
チャーシューメン(大)


にトッピングは

ゆで玉子
生玉子
ねぎ増し
海苔増し


のみ。
野菜増し
がなくなっているのが残念・・・・(ノ∀`)

中華そばは限定ボタンにて対応。
大盛りは不可である由。


ということで、
ラーメン
をポチッとな。


座り慣れたカウンター一番奥の席へ。

麺食堂TaRa - Spherical Image - RICOH THETA



ご店主中馬さんも見た感じは元気そう。


運ばれてきた
甘酸っぱいダイコンの漬物
ポリポリしながら待つことしばし。


DSC_7881



来ましたよ!!


DSC_7882


・・・・おぉ、、、、


ずいぶんとイメージが変わったな。
(゜.゜)


まず、ドンブリが変わった。

DSC_7883


深めのドンブリになり
TARA
の文字が刻印されている。


そして、以前は
ナミナミと
あふれんばかりに盛られていたスープ
ずいぶんと少なくなったような・・・・

ドンブリが変わったせいであろうか。


まぁ、いただいてみましょう。


スープをひとくち。


DSC_7884


うん。


この味・・・・

と言いたいところであるが
以前の
『こってり』
に比べると
だいぶライトな感じに仕上がっている。


前回食したのはなんと!

半年ほども前のことである模様。
(οдО;)





あぁ、この時点で券売機を見ると
数多くのメニューがあって
きっとオペレーション的に
回らなくなったんじゃないかと
感じざるを得ない。


メニューのスリム化、大事です。
(・・)(。。)(・・)(。。)
ウンウン


さて、そのお味の方であるが

『こってり』

という表現もなくなっていることもあり
ずいぶんとあっさりに感じる。

味の傾向にブレはないのだが
オイリーさが鳴りを潜めて
サラッとした感じに。


以前はスープも
ドンブリの縁から溢れんばかりに
なっていたものであるが
ずいぶんと少なめになった。

いや、以前と比べるからであって
このぐらいが一般的な量であろう。


麺の旨さは相変わらずで
パッツリとしたベストな茹で上がり。


ズルズルっと一気に完食完飲。


ごちそうさまでした。


DSC_7885


おそらく本格始動しても
この傾向は変わらないのではないかと
思われるが

新生・麺食堂TaRa。

今後も期待します。


お試しあれ。