拙宅では現在

 Amazon Music Unlimited 

を無料お試し期間中である。
(。-`ω-)


Amazon Prime
で提供される楽曲が200万曲に対して
7000万もの曲を自由に聞くことができる
という
サブスクリプション・サービス
である。

Prime会員ならば
月額780円で聴きホーダイ
なわけであるが
たしか12月いっぱいは無料期間だったハズ。

なんだかんだ言いながら
Amazon echo
だったり
ケータイ経由で車内で聴いたりと
重宝しているので
このままなし崩しに
有料サービスに突入の気配濃厚
である。
(つд`)


そんな中、最近
懐かしい曲を聴くのが
拙宅においてトレンドになっているのであるが
思い出して聴いてみました。

小生が初めて購入したLPレコード。


ユーミン・ブランド

YumingBrand


ジャケットが色ずれしているのではない。
はめ込まれている立体メガネで見ると
擬似立体画像で見えるというシロモノ。


「松任谷由実」
が結婚する前の

「荒井由実」

だったころの
初のベストアルバム。


そうさのぅ、小生が
小学生の頃であったろうか。
(*´ω`*)


どこで聴いたのか

「あの日にかえりたい」

がいたく気に入って、
その曲が含まれるLPを
親にカネをせびって
天文館の十字屋まで自転車をこいで
買いに行った思い出。


その他の曲で言えば
『魔女の宅急便』
で劇中歌として使われていた

「やさしさに包まれたなら」

も収録されている。




当時は拙宅には
ソノシートを聴くための
レコードプレーヤーしかなく
大した音質では聴けなかったのであるが
それでもレコードが擦り切れるほど
繰り返し聴いた覚えがある。

そのせいで、ついつい針を滑らせてしまい
レコードに傷がついてしまって
必ず同じ場所で針飛びして
曲が一瞬寸詰ってしまっていたのだが
その状態で曲が脳裏に焼き付いてしまったww


ほんとうに何十年ぶりに聴いただろうか。

もう、泣きそうになってしまった。
(´;ω;`)ブワッ



そんなインターバルがあっても
歌というものは覚えているものだ。


荒井由実

こんなに透明感のある歌声だったか。

ファルセットの透き通る声。



今の松任谷由実の

湯婆婆


yuba-ba


のようなダミ声は
(夏木マリやで)
どうしてしまったのだ。
(つд`)


いやぁ、懐かしかった。


これからも時々思い出して
聴かねばなるまい。


そんな感傷に浸る
ガラでもないおっさんの感想はさておき。
(なし崩しにUnlimited継続のヨカンww)




毎年この時期になると
拙宅のヨメ氏の同僚
自宅の畑(中山方面らしい)で採れる
柚子
をたくさんくださるのであるが
拙宅においては

柚子そんなに消費しないし。
(*´・ω・)



柚子風呂にしても
拙宅ではヨメ氏と次男氏が
かぶれるので
風呂に入れるわけでもない。


というわけで
今年も20個ぐらい
柚子をもらったのであるが
どうせなら有効に使ってもらえる

こちらへ。


DSC_8035


滝のように流れるヨダレ

・・・・ではなく

「ラーメンうまい!!」

とゴーカイに麺をすする少女の看板で有名な

麺匠樹凜


DSC_8034


塩ラーメンが不動の1位を誇る店。


そこの
この時期限定の

柚子鶏塩ラーメン

をいただきに来たというわけである。


例によって座り慣れたカウンターの端の席へ。

麺匠樹凜 - Spherical Image - RICOH THETA



色毛も素っ気もない
もらったままのビニール袋
入ったままの柚子をこっそり厨房へ。

おそらく勝手に成りっぱなしで
手入れもされていないであろう
ゴツゴツとした
ちょっと見てくれの悪い柚子
であるが
(貰い物に言うなww)
無農薬で品は確かである。

写真撮り忘れたww



オーダは一も二もなく

柚子鶏塩ラーメン
(。-`ω-)


|д゚)コッソリ
大盛り。


待つ間にメニューなど。

DSC_8023

DSC_8024

DSC_8025

DSC_8026

DSC_8027

DSC_8028


と、来ました!!


DSC_8029


「もらった柚子を擦っておきました」

とのことであるが
さすがにフレッシュな柚子の皮の香り。
(*´ω`*)


では、いただきます。

スープをひとくち。


DSC_8030


あー。

塩ラーメン。


少し塩分高めに感じるのは
ストレートにダシを感じるからなのであろう。

最近鹿児島でも増えてきた
ダシを強く前面に押し出したラーメン
どれも少し塩分高めに感じる。

塩分というよりは
ミネラル感を強く感じる
といったところであろうか。

もちろん、化学調味料などには頼らず
天然のダシのミネラル分
である。


いい仕事をしているのが
この揚げエノキダケ


DSC_8031


これが入ることで
少しスープが油っぽくなってしまうのは
否めないところであるが
ウマ味が強い。


エノキダケを揚げながら
ご店主井上さん(サトシ)と話をしていたら
ちょっと目を離したスキに
すぐ焦げてしまうので
気が抜けないとのこと。
慌てて油から上げていたww


いやぁ、今季も美味しゅうございました。

ごちそうさまです。


辞するとき、ひょっとしたら
今年最後の訪問かも?
ということで

「良いお年を」
( ´ ▽ ` )ノ




・・・・もうそんな時期か。
(つд`)