おかしいな。
(。-`ω-)



小生的には
12月25日(金)に
やんごとなき理由により
年休設定していて
今日28日(月)は
カイシャの有給取得推奨により
同じく年休設定だったため
先週の木曜日をもって

年末年始大型10連休

に突入のはずだったのであるが
ナゼか金曜日にも出勤
今日月曜日にも出勤で
すでに
4日間浪費した感
が強いのであるが・・・・
(*´・ω・)


そんな
サー◎ス残業の年末はさておき。
(例によって◎には「ヵ」が入ります)


neko_circus




お昼から客先訪問だったため
その準備も兼ねて
まずは昼食をとってから出社をと。


流れ流れてやってきました、

西タンニャマ。
(西谷山)


以前荒田にあって
西谷山に移転してきたコチラ。

DSC_8075


鶏そば専門
とまらないラーメン愛GET54


DSC_8074




移転時期は今年の6月だったようだ。

拙宅やカイシャから遠くなり
よほどのことがなければ
訪問しづらいロケーション
となってしまった。

逆に、鹿児島市南部方面の民にとっては
有力店ができてラッキー!
というわけである。


もっとも、以前の荒田の店舗あとには
こちらのGET54の初期のスープを引き継いだ

麺屋小太郎




が居を構えているので
それはそれでアリガタイことである。


近場で
いろんなラーメンのバリエーションが味わえる
というのは
なかなかにして得難い。



さて、今回は
お昼ちょっと早めに出社したかったため
お店には11時半前という時間に
着いてしまった。


開店は11時からだったようで
ゆっくり目の店内へ。


入口入ってすぐ右に
タッチパネル式券売機。


DSC_8066


サイドメニューなどには興味がないので
メインメニューだけを見るならば

THE鶏そば
坦TAN鶏そば
Lemonバター鶏そば

の3系統に大別されるようだ。


今回は、やはりベーシックな

THE鶏そば

をチョイスしてみることに。


カウンターの端に案内され着席。

とまらないラーメン愛GET54 - Spherical Image - RICOH THETA



店内は、以前の荒田の店と比べ
2倍から3倍ほどの座席数。

店の規模で言えば
4倍から5倍といったところ。


しかも、新築で
駐車場も店の前に4台ほど完備
の模様。

思い切って鹿児島市周辺部に
移転した甲斐があったというもの。

このあたりの西谷山地区は
かつて農業試験場や農業大学校があった場所
ほぼナニもないとことろであったのであるが
区画整理され再開発により
まったく見知らぬ新たなオシャレな街に
生まれ変わっている。

もう、10年20年ほど前が
どんな姿だったかすら
思い出すことも困難である。


DSC_8067

DSC_8068


などと思いを馳せているうちに
意外と早めの着丼。


キタ。


DSC_8069


うんうん。

背後の調理場より
提供直前に
ブレンダーでスープをミキシングしている
音が聞こえてきていた。


その産物である

泡アワあわ

がスープの表面をまんべんなく覆っている。


九条ネギの千切りが
少々遣れているのがちょっと残念。


では、いただきましょう。

スープをひとくち。


DSC_8070


無条件にウマい鶏白湯スープ。

見た目は濃厚そうだが
スルッとさらっと
イケちゃう部類。

だがしかし味わいは濃密。


アルデンテに茹でられた全粒粉麺
シコッとした歯ごたえもさることながら
チュルッと口中に収まる柔軟性も見せ
小麦の香りもふくよか。


半分ほど食したところで
卓上の

白トリュフオイル

をたらっと二たらしほど投入。


DSC_8071


しかし、もとよりトリュフの香りに
慣れていない小生
ちょっと香りの傾向が変わった
としか表現のしようがない
残念さ。
(つд`)

美味しいっちゃぁ美味しいのだが
その風味がどの風味なのか
表現のしようがないのであった。

これらは、普段接することのない

マツタケの香り
とか
ポルチーニ茸のニオイ
とか
と同様に
残念ながら小生には
理解の及ばない香り

なのであった。


マツタケの香りに至っては

永谷園のマツタケのお吸い物の香り

としか認識できないからな。
スダチなんぞ入っていようものなら
スダチのお吸い物
にしか感じない。


そんなわけで
白トリュフオイルは不発に終わったが
こちらのミルで挽いたペッパー
わかりやすい変化。


DSC_8072


うんうん。

スープの輪郭をくっきりと際立たせ
「なるほどーこういう仕立てか」
としっかりと認識させてくれる。


最後まで熱々のスープはおごちそう。


ごちそうさまでした。


DSC_8073


この早い時間帯は
客も少なかったが
おそらくお昼真っ只中には
多くの来客で賑わっていることであろう。


鹿児島における
鶏白湯の異端児。


これは一度は食べておくべきかと。


おススメいたします。