まぁ、シゴト柄
IT系のサイトの記事
はよく見るのだが
先日

『データドンブリ改革』

とのタイトルに
目をゴシゴシ
(つд⊂)ゴシゴシ



w29092604


やはり

『データドリブン改革』

の見マツガイでした。



どんな意味かは知らんけど。
( ̄σ・ ̄)b




そんななんちゃってSEの
手抜きマクラはさておき。

昨日の記事で疲れた模様ww






どうしてもココで
天津飯
を食べておきたかった。

DSC_8272


町中華 金之麦飯店




ナゼ天津飯か。

小生的にはあまり
天津飯に思い入れはないのだが
県外に出た同窓の諸氏などが

鹿児島餃子の王将の天津飯

をやたらと懐かしがるので

見せしめに。
(。-∀-)


いやいや、そういうわけでもないのだが
一般的な餃子の王将とか
大阪王将とかの天津飯は
全く味が違うらしい。


鹿児島餃子の王将の天津飯は
黒酢を使った甘酢仕立て
であるが
一般の天津飯は
味が違うというのだ。


逆に小生的には
鹿児島ではない天津飯を
食べてみたいところ。

もっとも鹿児島には
大阪王将
が一店舗しかないのだが。


さて、こちらの
アイアイラーメンを出自とする
町中華 金之麦飯店
であるが、社長の久留さんが

鹿児島餃子の王将出身
今でも鹿児島餃子の王将の社長を師と仰ぐ
関係から、その天津飯は
鹿児島餃子の王将
直伝の味であるという。

これは食べてミネバ。
( ̄¬ ̄*)


店の隣のコイン駐車場が
ラッキーなことに空いていた。

ここ、すぐに一杯になってしまうらしいが
そんなときには
電車の軌道を越えたすぐ先の
脇田コスモタウン駐車場
も対象であるのでご安心召されよ。

さて、入店。

町中華金之麦飯店 - Spherical Image - RICOH THETA



メニューを。


DSC_8264

DSC_8265


どうやら定食メニューには
デフォルトで半天津飯の付いたものはなく
オプションで白ごはんと入れ替える形らしい。

麺メニューに半天津飯
というのも
食べ過ぎなので
どうしようかといろいろ模索。


あぁ、この店イチオシの

肉肉麻婆豆腐

に天津飯をつければ・・・・
って、そんなに食べ切れる気がしない。

だいぶ悩んで

肉肉麻婆豆腐定食
の白ごはんを
半天津飯に変更する
ということに落ち着く。

とはいえ、
肉肉麻婆豆腐定食 850円

半天津飯 350円
と、かなり
豪勢なメニュー
となってしまった。

致し方あるまい。
(つд`)


DSC_8266


夜メニューも充実。

DSC_8267


ドリンクのたぐいも。


しかし、店が狭いので
おそらく2〜3人の会食しか
できないのではなかろうか。


今の御時世、それすらも困難ではあるが。


さて、しばしのち、
来ました!!

DSC_8268


肉肉麻婆豆腐&半天津飯。

スープも。

DSC_8269


ではまず肉肉麻婆豆腐から。

DSC_8270


ざっくりとしたレンゲのすくい心地は
あんの中にふんだんに含まれるミンチゆえか。

ぱくっ!!


ふむふむ。

なかなかピリリと花椒が効いて
鼻に抜ける心地がなんとも言えない。

チョッピリ塩っぱいのは
白めしに載せて食すこと前提か。

『肉肉』と称するだけのことはあり
ひき肉&薄切り豚肉のダブルパンチ。

食べごたえアリアリ。



では、念願の天津飯。

DSC_0000_BURST20210104125339648_COVER


ぷるぷるふわとろ
のタマゴの衣に
たっぷりと黒酢あんを絡めて
ご飯とともにぱくっ!!


ん〜〜〜〜〜〜〜!

黒酢あん極上
(*´ω`*)


キリッとした黒酢の酸味もありつつの
甘くてとろっとした舌触り。


舌休めにスープをはさみつつ

肉肉

天津飯

スープ

はじめにもどる


エンドレスループを楽しむ。


いや、エンドレスではなかった。
(´;ω;`)ブワッ


終わりは唐突に。
(んなわきゃないww)


いやぁ、食った食った。


ごちそうさまでした。

DSC_8271


ありゃ。

ドンブリ逆さまだったんかww


まぁいいや。



ぜひ標準のセットメニューにて
天津飯とのコラボを望む。