永谷園のインスタントお味噌汁
といえば。



asagehirugeyuuge


あさ毛
ひる毛
ゆう毛



・・・・チャウチャウ ‎(ヾノ・∀・`)


あさげ(朝餉)
ひるげ(昼餉)
ゆうげ(夕餉)

であろう。


ちなみのそれぞれ


あさげ:合わせ
ひるげ:赤だし
ゆうげ:白みそ



となっている。

ところが当地鹿児島においては

ほとんどの店で

ひるげが売っていない

のである。


つまり、鹿児島では
赤だしの味噌汁
というものにほとんど需要がないのであろう。

まぁ、麦味噌文化圏
しかも味つけ甘いからねぇ、
鹿児島。


おいしいのに。
(´д`)


ちなみに小生は
ひるげの赤だしが好物なので
拙宅では常に生味噌タイプの

ひるげ

を常備している。


毎日の朝食がほぼお茶漬けなので
ほとんど出番がないのであるが
たまに次男氏の弁当が炊き込みご飯だったりすると
白メシが回ってこないので
お茶漬けにするわけにも行かず
炊き込みご飯とひるげ
になったりする。

汁ものは欲しいww



また、ちょっと小腹がすいた
固形のものを食べるほどではないんだよなぁ
とか
ちょっぴり塩分補給したいな
といったときなどにも活用している。


赤だしのほのかな酸味
なんとも言えぬお味である。
(*´ω`*)


そんな
鹿児島の味噌ラーメン好きの原点
ともいうべき
味わいはさておき。
(※註:実は鹿児島の味噌ラーメンには
赤味噌配合の仕立てが多い)




昨日のFacebookの投稿で
なんだか呼ばれた気がした・・・・

あの子が食べたいって言ったから、、、 今日は黒豚坦々麺

Miho Yamashitaさんの投稿 2021年1月13日水曜日


「あの子」



どの子

かは預かり知らぬが、
ちょうど年末から

おやっとボトル
(写真なしww)

の在庫を抱えたままクルマを走らせていたので
ちょうど潮時と訪れました

憩酒家たっちゃん

DSC_8352

DSC_8351


たまには地図も貼るww。





カウンターへ。

憩酒家たっちゃん - Spherical Image - RICOH THETA



そういえばこちらのお店も
夜の居酒屋営業
に長らく来ていないなぁ。
(;´Д`)


DSC_8344


・・・・というより、そもそも
 飲ん方 
自体をしていないが。


カウンターに座って
言わずもがなのCコース。

しばしのち、黒豚担々麺、登場!!

DSC_8345


見ての通りラー油は少なめ。

あくまで辛さの追求はしていない
ということで、
たっちゃんママが|д゚)コッソリ
こちらを提供してくれる。

DSC_8348


おお、麻辣なんとかww

うちにもあります。
カルディコーヒーファームで買ったヤツ。

破砕唐辛子と花椒の味
そして岩塩が少し入っている。

ミル付きなので、その場でゴリゴリ挽いて
香り高い花椒の風味を楽しめるのであった。


では、まずはノーマルで。

スープをひとくち。


DSC_8346


胡麻のプチプチ感が心地よい。


こちらのランチの金曜恒例
カレーのために取った黒豚スープ
副産物としての麺メニューなため
スープの味わいはバツグン。

ゴマペーストのほんのりとした甘さも
心地よい。


とても居酒屋のランチタイムメニューとは
思えないメニューである。


『セット』なので、ごはんも
副菜もついてくる。

今回は、ダイコンの漬け物と
ありゃ?なんだこれ?
なんの葉っぱかな?

小松菜とかとも違うし・・・・

と思っていたら、
レタスのナムル
であるとのこと。

なるほどー( ´・∀・`)


担々麺の底の方からも
ナゾの葉っぱが出てきたが
(ナゾ多すぎww)
こちらは
開聞山麓の下吉武光さん
という方が作る絶品キャベツとのこと。

こちらも甘味があり
シャクシャクとウマかった。


途中麻辣なんとかを擦り入れて
風味アップを楽しむ。



麺をさらえたあとは
お行儀が悪いのは百も承知の助。

ごはんをインして

DSC_8349


坦々おじやに。


スープもたっぷりあるので
満腹でした

ゲフー
ε-(´・`)


ごちそうさまでした。

DSC_8350


いちおう辛メーター的に
辛ジャッジしておくと
今回は

0.70KM

と判断いたしました。
(●´_ _)ペコ





麺メニューでなくとも
平日は毎日ランチ、やってるヨ!


お試しあれ。