小生の勤務先でも
最近はテレワークが推奨されているので
だいぶ少なくなったとはいえ
在席者がけっこういる。


小生も本来ならば
テレワークを週2日か3日
しなければならないのであろうが
なにせ拙宅にはテレワークをするようなスペースのない
狭小住宅であり
自室もないので
環境も揃っておらず
(まわりの日常がカメラに映るww)
結果毎日出社している。



telework

あー、拙宅にネコがいたら
テレワークしてるかもなwwww


「で?シゴトはかどってる?」
(*´・ω・)



もっとも、まわりが勝手にテレワークするので
社内にいても密になることもなく
しかもクルマ通勤で
家からクルマまで10歩
通勤時間も10分未満
会社についてからもクルマからビルまで20歩

ほどであり
ウィルスと接触しようにも
ウィルスのつけこむ余地のない

密になる機会もない状態なのであった。

そりゃ、会社に行くでしょ。
(*´・ω・)



テレワーク以前の時代に比べると
日によっては半減、いや7割減ぐらいになるが
みなさんお昼は粛々と

ホカベンの出前を頼んだり
近場のコンビニ弁当を買ってきたりと


質素な昼飯を堪能しておられる。


小生など、お昼に
ドコかに食べに出て
それを日記に書かなければ
タヒんでしまうという

業を背負っているので
(ナンダソリャww)

毎日ドコかにランチに出かけている。


まぁ、考えはヒトそれぞれであるが
毎日のお昼ごはんをそんなに粗末にしていて
満足しているのであろうか。
(*´・ω・)


いやいや、もちろん
満足して弁当食ってるわけではない
のは百も承知であるが

それで人生楽しいのか。
(*´・ω・)



一週間7日×3食で21食と考えたとき
5食/21食
つまりおよそ
23.809523809%
ほどは
テキトーに流しているのである。

人生の食事の四分の一に迫ろうという回数を
ただ無為に

「あー、んじゃ今日ものり弁でいーやー(´д`)」

と過ごしているのである。


しかも、野菜も少なく
健康に悪い揚げ物中心で
味付けも濃く化調満載の食事を。


なんとももったいない話である。


もっとも、そこで倹約した金で
一点豪華主義で豪遊する
という考えもなくはないが
小生の場合、
一人でこっそり贅沢な飯を食う
というのは主義に反し
どうせ美味しいものを食べるなら
家族や気心の知れた仲間と
ワイワイと楽しく食べたい

と思っている。



一人で高い肉を食ったり
一人でカニを買い込んで食したり
一人で豪勢な寿司を食べに行ったりなど

思っていてもできない相談である。

単なる根性なしともいうww



そんなわけで
特に趣味というものもないので
他に散財の余地もなく
無芸少食
な小生は
昼にランチに出かけて
美味しいものを食べて
それを日記に書く。


そのぐらいが関の山ですよ、
奥さん。
(*´・ω・)


万が一書いた日記が
そのお店のプラスに働けば
こんなにウレシイことはない。


そもそもココは
小生個人の日記だがな。
 (* ̄ー ̄)



そんな
大部分のサラリーマンを敵に回しそうな
悟ったようなマクラはさておき。




こちらのお店で

<塩ベースの中華そば>

を提供していると知って
行こう行こうと思いつつ
今日になってしまった。
(´д`)


麺の房 雨ニモマケズ

DSC_8366

DSC_8362


駐車場は
店の前3台分プラス
お昼時は隣の店の前も使ってよいとの事。

DSC_8363


合計6台分ほどになろうか。


学生優遇措置や

DSC_8364

お持ち帰りのPOPも
店外に。

DSC_8365


やはりこの時期
中共武漢コロナ禍の影響で
飲食店も厳しいのではなかろうか。
(つд`)


しかし、店内は盛況であった。

麺の房雨ニモマケズ - Spherical Image - RICOH THETA



カウンターに座って
ご店主宮崎さんにご挨拶。

今回は狙ってきた

DSC_8354


クラシック中華そばを
塩ベースで大盛りで!
(。-`ω-)



これまでこちらの店では

モダン(鶏そば塩ベース)
クラシック(中華そば醤油ベース)
モダン味噌(鶏そば味噌ベース)


と順調にこなしてきていたが
その間に

モダン(鶏そば醤油ベース)
クラッシック(中華そば塩ベース)


とバリエーションを増やしてきていたのだ。


中華そばの塩ベースって?
(◉ ⊖ ◉)



先客が多く順次調理が進む。

途中忙しいながらも
いくつかご店主宮崎さんと情報交換ww


DSC_8355


うーむ、やはり
もっと足繁く通って
いろいろと試してみねば!


先に提供される
あんずのコンポート
食後のお楽しみにとっておく。

DSC_8356


さて、来ました!!

DSC_8357


これが塩ベースの中華そば!!


ふんふん。

色目だけ見れば醤油っぽく茶色いが
やはり醤油のカラーではない。

それよりなにより
香りが醤油ではない。


山椒・・・・?


では、いただいてみましょう。


スープをひとくち。

DSC_8358


ををっ・・・・

ピリリと舌に感じるのは
やはり山椒か。

ご店主宮崎さんに聞くと
中華山椒であると言う。


青山椒赤山椒を使い
青山椒はチャーシューに効かせている
とのこと。

青山椒は香りを
赤山椒は刺激を

楽しむものであるという。


味わい深いスープに
結構ビリビリとくる山椒。


絶妙の茹で具合の上に
熱々スープに浸っていても
あまり伸びない麺をたしなみながら
ズルズルとすする。


半分ぐらい食したところで
卓上の

DSC_8359


クラシック薬味

を投入してみる。

DSC_8360


辛さという点ではあまり変化がないが
スープ全体をよりいっそう引き締めて
シャープに際立たせる。


このクラッシック薬味のおかげもあり
食後もしばらく口中のシビレ
堪能することができた。


花椒の辛さを
辛ジャッジしてもいいものかと悩んだが

1.20KM

と辛ジャッジいたしました。
 (* ̄ー ̄)




いやー、ウマかったね。


ごちそうさまでした。

DSC_8361


やはり次は
モダンの醤油ベースですな!
( ̄ー ̄)


この激戦区となった宇宿商店街。

一地域でいろんな味が楽しめるのが
ファンとしてはありがたい。


お試しあれ。