味噌を作ってみた。
(。-`ω-)



・・・・もちろんキットですが。

きっかけは、昨年11月にオープンした

せごどん市場




という鹿児島県特産品サイト


こちらがオープンを記念して
新規会員登録者
先着100名様に
2000円以上のお買い物につかえる

1000円OFFクーポン

を配布しているというではないか!!
m9( ゚Д゚) ドーン




なお、現在も100名に未達のようなので
(2021/01/19 PM9:00)
ぜひとも登録して


1000円ゲットだぜ!


get_daze
(画像は例によって拾いモノ)



さて、こちらのサイトで
1000円を得たモノの
ナニを購入するか決めていなかったww


ツラツラと眺めていて
2000円以上であんまり高くないモノ
と探してみる。

高価なものを買うと
配達されたときにヨメ氏から

「またそんなものを買って!」

と非難される恐れがある。


また、たくさん買ったモノの
味が気に入らなければ
小生が一人で消費するハメになるやも知れぬ。

冷蔵庫内在庫整理係ww



ということで見つけたのが

1013000002

坪水醸造の味噌造りキット

~仕込みから3週間で味わえる、鹿児島の麦みそ~


どうやら、食育の教材にもなっている模様。


まぁ、拙宅には
これに釣られるような小さなオコサマは
もういないのであるが


小生が作りたいんだい!!
o(*`ω´*)o



まぁ、味噌ならば
なんとかして消費できるのではなかろうか。


さて、キットが届いて
先週の土日休みを利用して。

DSC_8367


作ってみようではないか!!
味噌を!!!!



開梱の儀。

DSC_8368


必要なモノは一通り揃っている模様。

といっても、作成に当たって必要なのは
同梱の

■国産大豆
■塩切り麹
■ジップロック


ぐらいのようだ。


DSC_8369


説明書によると
作るには2日かかると。


しかも、1日目は大豆を洗って
水に浸すのみww

DSC_8395


浸漬時間は最低でも8時間。

ネット情報によると
12時間でも14時間でも
長いほどよいようなことが書かれている。


では、おやすみなさい。


2日目。

DSC_8397


おーーーーー。

だいぶ大豆が水吸っとるね。

倍ぐらいには膨らんでいるような。


ではこれを、電気圧力釜
煮ていきまーす。

DSC_8394


最近ヨメ氏が
勤め先の従販にて購入した
ティファールの電気圧力鍋。

これで
チャーシューを作ったり
なんこつを煮たり
シチューやカレーを作ったりと

意外と活躍している。


こちらに放り込み

DSC_8398


ノーマルでは4時間とか6時間とか
煮るように記載されているが
とりあえず20分加圧してみた。

圧力鍋の常として
20分というのは
規定の圧力と温度に達してからの時間
であり
その前の加熱・加圧時間
そのあとの減圧時間
は入っていない。

減圧は弁を操作して
強制的に行うこともできるが
強制減圧すると
鍋の中身が沸騰してしまうので
そのまま1時間ぐらい放置しておくのが
得策である。

急に減圧すると
吹きこぼれたり
中の水分が濁ったりする。

そもそも圧力鍋というのは
加圧した状態で加熱して
内部を100℃以上に保つことにより
短時間に調理を行う

というのが基本原理なので
鍋の中が100℃以上の状態で減圧すると
沸騰をはじめてしまうのであった。


※註:水は100℃で沸騰するが
1気圧より低い状態では100℃より低い温度で沸騰し
1気圧より高い状態では100℃より高い温度で沸騰する
という中学生の理科知識ww

上空の飛行機の中では
お湯が100℃まで上がらないので
カップ麺が戻りにくいんですよ

奥さん。
(*´・ω・)σ



さて、放置プレイで減圧させ
開けてみる。

DSC_8401


ほーほー。

見た目では煮えたかどうかワカランので
大豆をちょっと冷ましてから

親指と小指で潰してみる。

DSC_8402


たぶん、あまり固いと
この潰し方では力が入らないので
判定に使っているのであろう。

このへんも複数のネット情報をさらっての
入れ知恵であるww


うん。まーまーだね。


ということでこれをザルに空け

DSC_8403


粗熱を取ったらビニールに入れる。

そして、大豆を潰していく。

DSC_8404

「この工程が大変なんだ」

とネットに書かれていたが
なんのなんの。


グーパンチで十分っすよ!
(。-∀-)



・・・・と思ったら
やっぱけっこう大変でしたわww

オコサマ向けには
ビニールに入れて踏め
と書かれているのも
むべなるかな。

ほとんど潰れたかな?
というところでボウルに移す。

しかし、混ぜていると
まだまだ
潰れていない&潰れが足りない
大豆があるので
ヘラでボウル肌に押しつけて
さらに潰していく。

DSC_8405


ε-(´・`)

疲れたがな・・・・。


そこに、塩切り麹を混ぜ込んでいく。

けっこうボリュームがあるので
もうワンサイズ大きなボウルに入れればよかった。
(・д・)チッ


DSC_8406


ヘラでは混ざらないので
手をツッコんで混ぜ合わせる。


DSC_8407


なかなか均一に混ざらんのぅ。
(´д`)


混ざったら、テキトーに団子に丸めて
ジップロックに詰めていく。

DSC_8408


なんで丸めるのかは不明。

どうせジップロック内で
空気を抜いて密閉するのに。

DSC_8409


ということで、ペタペタ均して
空気を抜いて密閉。


お疲れさまでした。
(●´_ _)ペコ


室温で約3週間。
まぁ、今の時期は寒いから
もう少し熟成させた方がいいかも。

さぁ、3週間後が楽しみ。
 (* ̄ー ̄)



そんなおっさんの家庭科実習はさておき。




突然

あんかけ五目塩そばが食いたい!!

と思う時、あるよね?!
( ・`д・´)

そうそうねーよ



朝からなんだかそんなキブン。

しかし、そのような中華料理
天文館とかの本格中華でなければ
なかなかないよなぁ・・・・
(´д`)


アミュプラザまで行って
タイガー餃子会館か?


しかし、以前あそこで
イマイチだったしなぁ。


それとも東開町の
イオンモールまで行って
紅虎餃子房か?

実はこの2つ同系列と初めて知ったww



それとも紫原に上がって
紫原飯店?

ただ、あそこはもう駐車場がなぁ。


・・・・などなど考えていると。



あるじゃないの、近場に。


DSC_8442


満正苑与次郎ヶ浜本店。




いやー、この店小生の中では

酸辣湯麺の店

としか認識しておらんかったわ。
( ̄∇ ̄*)ゞ


実際、これまでの訪問で
9割は酸辣湯麺
残り1割は坦々麺

しか頼んだことがない。


いつも、酸辣湯麺が食べたくなって
こちらの店にやってきて

「あー、おんなじ値段なら五目そばとか
食べたほうがゼッタイお得だよなぁ」
(;´Д`)

と思いながらも
酸辣湯麺の呪縛から
逃れられなかったのだ。


今回は、はじめから別のものを目指してきたので
多い日も安心である。
(ナニが?)


やはり、バカ政府の

「オマエら外食すんな」

発言のおかげで
こちらのお店も閑散としている。

満正苑 - Spherical Image - RICOH THETA



上の全天周写真では
そこそこの客の入りに見えるが
本来この店のランチタイムは
ザワザワと人が溢れて
外待ち客が出るほどなのだ。

今回はするりと一番奥の席に通された。


いざ、メニュー!!

DSC_8438


蝦仁湯麺
(海老塩ラーメン)

にするか

什錦湯麺
(五目ラーメン)

にするか二択であるが・・・・


海老塩で。
(*´ω`*)


やっぱ、ぷりぷり海老に塩でしょ。


こちらの店では
酸辣湯麺のあんが作り置きだったり
担々麺の辛さが単に辣油の量だったりと

まぁ、言いたいことはあるが
今日は言うまい。

言ってるww



来ました!!

DSC_8439


おお〜。

さすが塩味。

全体が白いねww


では、いただきましょう。

スープをひとくち。

DSC_8440


浮かんだ刻みネギとともに
すするスープは程よい塩味。

鶏ガラのウマ味染み入る味。

麺は、昔と比べると凡庸になったが
それでもシャッキリとした噛み心地で
茹で具合もよい。


ただ、少々野菜が炒め過ぎ。

ハクサイもしんなりして
コマツナなどクシャッとなっている。

芯の部分の
シャクシャクとした歯ごたえ
もナシ。

なんだか弱い火力で仕上げた
家庭料理のような・・・・
(;´Д`)


味は申し分ないだけにもったいなかった。


ま、いずれにせよ
完食完飲するわけだが。

DSC_8441


ごちそうさまでした。


ようやく酸辣湯麺の呪縛も解けたので
今後は他のメニューも試してみたい。



・・・・けど酸辣湯麺も
捨てがたいよなぁ。
(´д`)

呪縛解けてないww