鹿児島には
ほぼ県内限定の大手

うどんチェーン店

そばチェーン店

がある。

うどんに関しては

ふく福

そばに関しては

そば処吹上庵

であることに異論を差し挟む余地は
ないのではなかろうか。


ふく福は
昭和50年創業。

現在のふく福荒田本店の場所に
手打ちうどん・そばの
ふく福
を創業したことに端を発する。

実は小生の母君は
ことあるごとに

「あたしがふく福の一番客だったのよ」

というのが自慢(?)であった。


その後荒田店は2回ほど建て直し
とんかつ店
ラーメン店
回転寿司店
中華料理店
ハンバーグレストラン

など多角経営を進め
現在の

寿福産業
ジェイ・エフグループ


として栄華を誇っている。


かたや、そば茶屋吹上庵。

冷凍食品製造販売事業を手掛ける

フェニックスフーズ

を原点とし昭和47年に創業。
以後、高校や大学の
校内食堂の運営
などを経て
昭和52年に

吹上庵1号店
(現在の吹上店)

をオープンさせている。

そうそう。
小生の出身高校の学食
フェニックスフーズ
運営であった。

高校時代には
毎日500円をもらって
(当時はおそらくきっとタブン500円札ww)
学食で最高価格の
とんかつ定食 360円
を食して
オツリの140円を1ヶ月貯めて
2800円貯まったところで
LPレコード
を購入していた。

まぁ、当時は

早見優ファンクラブ

の会員だったもんで・・・・
( ̄∇ ̄*)ゞ


natsuirononancy


当時はアイドル全盛期で
みな誰かアイドルのファンになっていないと
世の中についていけない
ようなご時世であったからな。
Σ(´∀`;)

んなこたぁないww



まぁ、吹上庵の方も
ふく福と同じような経過をたどり
同じように多角経営を進めている。


おたがいうどん屋、そば屋を標榜しているので
それぞれクロスプラットフォームはあるにせよ
うまい具合に棲み分けができている
という次第である。

おかげで、この二大勢力のせいか
他県の大手チェーン店が
なかなか入りづらいようで

せいぜい

丸亀製麺はなまるうどん
最近になってようやくウエスト
が進出してきているぐらいである。


逆に言うと
この二大勢力のせいで
その他の
地元のうどん・そば店が
なかなか伸びづらい

というネガティブ面もあるようだが。

大きなチェーン店はないが
地元の他のうどんそば屋も
個性を出して頑張っている次第。


そんな二大チェーン店比較はさておき。




こんなマクラネタを書き出したのには
ワケがある。


マレなことであるが
この2店に割と続けて行ったからである。


まずはふく福

前回の日曜日のこと。

「たまには夜、外食すべぇ〜」

とヨメ氏と話をしていたのであるが
次男氏は朝から学校で模擬試験
終わった後に昼飯を食べて帰ってきたと
4時頃帰宅。

よって、昼飯が3時ごろだったので
晩メシは腹が減っていないので
食べたくないという。

(|||´Д`) 


ということで
ホントに久しぶりに
ヨメ氏と二人で外食
することに。

なにせ外食を狙っていたので
小生も晩メシの支度はしていないし
(翌日の弁当の煮しめは作っていたがww)
買い物もしていなかったからな。


となると近場でカンタンに。

ふく福荒田本店。


失念していたため外観写真ナシ。
参考として、先日の記事の写真から。
(昼やん(*´・ω・))

DSC_8171


店内はやはりコロナの影響か
少なめの来客。

ふく福荒田本店 - Spherical Image - RICOH THETA



入り口で手指の消毒を確認され
検温の後、席へ。


メニューを。

DSC_8410

DSC_8411

DSC_8412

DSC_8413

DSC_8414


レギュラーメニューの冊子も
更新されたばかりのようで
折り目も付いていないような状態。

DSC_8416


季節のメニューや限定メニューに
気になるモノが。

DSC_8415


釜揚げかしわおにぎりセット


そのかしわおにぎりとは

『45年前創業当時の味を再現』

とある。


あ、かしわおにぎり単体でも頼めるのね。

DSC_8417
(ピンぼけスマヌ)


釜揚げ天ぷらセット + かしわおにぎり
(1090円 + 240円=合計1330円)

にするか

釜揚げかしわおにぎりセット + 天ぷら盛り合わせ
(960円+540円=合計1500円)

にするかという究極の選択を迫られたが
ヨメ氏が

「天盛りだと白身魚がつくよ」

というので

釜揚げかしわおにぎりセット + 天ぷら盛り合わせ
(960円+540円=合計1500円)

をチョイスすることに。

なお、付いてきたキビナゴの天ぷら2匹は
カボチャの天ぷらとともに
1匹ヨメ氏に奪われていった
(ノД`)シクシク

そのヨメ氏は
まぐろ寿司膳
の卵とじうどんを
ぶっかけうどんに変更して頼んでいた。


こちらではダイコンの補給

DSC_8418


アジシオとレモン風味の漬物
が供される。


この味も懐かしい。

拙宅の母君がこれをいつも真似て
食卓に供していたからな。
(レシピを聞いたらしいww)


さて、まずは天ぷらがやってきた。

DSC_8420


これをすっかり食べ終わった頃に
ようやく釜揚げうどんが。

DSC_8421


かしわおにぎり。

あー、ちなみに馴染みのない諸氏のために。

「かしわ」とは鶏肉のこと。

まぁ、早い話が
鶏釜飯のおにぎり。

確かに創業当時
この味付けのかしわおにぎりが
厨房の横手の棚に
ズラッと並べられていて
そこから提供されていたものだ。

たしかにこのような
ほの甘い醤油の味
かしわ・ごぼうなどの風味だった。

最近は提供されていなかったのだなぁ。


さて、カンジンの釜揚げうどんであるが
確かに昔から
つけツユはこのように
甘さ控えめな
キリッとカツオダシのエッジ
が立った味であった。

そして、そこにおろしショウガを加えると
得も言われぬ味わいが
醸し出されるのであった。

しかし、うどんの麺の方は
創業当時は本場讃岐うどんそのもので
太くギチっと歯ごたえのある角麺
であったのだが
何度もマイナーチェンジを繰り返すうちに
どんどん細く柔らかくなっていった。

現在では釜揚げにすると
トロトロで
箸で持ち上げると
下手をすると千切れてしまうような
そんな柔麺になってしまっている。

讃岐の麺はいずこ・・・・
(ノ∀`)


まぁ、懐かしさ半分でいただきました。

ごちそうさまです。


DSC_8424


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、水曜日のお昼。

複数の証言から

「大相撲本場所開催中のみ提供される」

という伝説の
(どこがww)
ちゃんこ料理が出されると聞いて。


DSC_8453


そば茶屋吹上庵本店

DSC_8455


以前は店の前で
テントを張って
お持ち帰りメニュー
を提供していたが
現在では軒先に窓口を作って
そこで対応しているようだ。

DSC_8456


さすがは大手資本

そして、店の奥にあった駐車場が
拡張されて以前の3倍ほどのスケールに
なっている。

DSC_8458


余裕余裕ww

ちなみにこのスペースは
以前は隣接の厚生連検診センター
(現在の厚生連病院)

DSC_8457

の職員駐車場であったように思うが
そちらが立体駐車場を作って
この土地を明け渡したのではないかと
邪推する次第。
(別に邪推じゃないww)


店内に入るとソコソコ待ち客が
入り口の待合にたむろっている。

しかし、こちらも以前は
昼食時には
高齢の方々がわんさかと
押し寄せていて
ウラ手の駐車場も狭かったので
前の道路に何台も車の待ち行列ができていた。

それにくらべるとずいぶんと少ない。

そして、店内に余裕をもたせて
三密を避けているので
空き席があってもなかなか通さない状態。

入店して入り口で
タッチパネルにより人数の申告
をすると
この紙が出力される。

DSC_8443


なんの説明もないが
その紙にQRコードが記載されていたので
試しにスキャンしてみると。


Screenshot_20210120-121256


おお!

どうやら

AirWAIT

なる
呼び出し待ち管理システム
のようで
あと何組待ちなのか
その場にいなくてもわかる
システムのようだ。

まぁ、こういう店の待ち行列では
そこまで長時間待つことはないので
効果は限定的であろうが
病院など長時間待つような場合には
ちょっと離席したり
買い物に行ったり

という場合にも役に立つのではなかろうか。

どうやら、

SaaS
(Software as a Service)

での提供のようなので
興味のある向きは
問い合わせしてみても良いかも。

なお、ココでご紹介しても
小生には一銭がともならんので
ステマとか言っちゃダメだぞ!
(・`ω´・。)


10分以上の待ちの後
ようやくカウンターに呼ばれました。

花番

のオバチャンに番号で呼ばれ
検温、手指の消毒の後。

そば茶屋吹上庵本店 - Spherical Image - RICOH THETA



こちらの店では

花番

の羽織を羽織った指揮者

入店からのご案内
空き席のチェック
オーダ取りの確認
配膳の指示
会計への誘導


などを行うのである。

この花番のオバチャンの采配イカンでは
店内がゴタゴタしたり
客が滞ったり
オーダが処理されなかったりと
混乱をきたすので
重要な役回りである。

さて、今回は

大相撲本場所開催中

ということで
年に一回しか訪問しない
というポリシーを曲げて訪問しているので
(単にいつも並んでいるので避けてただけ)
お茶を持ってきたときに間髪入れず

「ちゃんこそばを太麺で!」
( ・`ー・´) + キリッ


と、さながら常連客のような
オーダのワザをカマしてみた。


本来ならちゃんこなので
『うどん』
を選びがちなところであるが
麺喰道宗主たるもの

そば茶屋

を標榜している店で

『うどん』を頼む愚

など犯してはならぬ。
(。-`ω-)

多くの客を敵に回したwwww



後追いでメニューなど。

DSC_8445

DSC_8446

DSC_8447


ふーん。
(*´σー`)


もう頼んじゃったもんね。


お茶とともに運ばれてくる
鉢に入った
ダイコンの漬物

ここでも心置きなくダイコンが摂取できると
ワクワクしながら小皿によそっていると。

DSC_8444


塩っぺぇ!!

こりゃ、成人病錬成ダイコンだな。


こんなものたくさん食べられぬ。
いや、これがこの店の
ダイコン大量摂取防止策
なのかも知れぬ。

いずれにせよ、小生は
お茶で流し込んだww


などと遊んでいるうちに。


来ました。

DSC_8448


おっほぉ〜🎶


なかなかに具だくさんではないか!!

目に入るところで
手前から時計回りに

鶏つみれ
結びしらたき
にんじん
ハクサイ
刻みお揚げ
ニラ
鴨肉スライス


などなど。

後ほど底の方から
細モヤシも出てくるのだが
それはおそらく
鍋底に麺が焦げ付かないよう
緩衝材として使用しているのではなかろうか。


ではいただきましょう。

卓上の七味をバラバラバラバラとふりかけまして。


ダシをひとくち。

DSC_8449


ん!


以前食したダシよりも
ずいぶんと甘さ控えめであることよ!!




なんか方針が変わったのか?

それとも日々のブレか?

いや、ブレにしてはブレ幅大きすぎ。


そんなに足繁くこないので
変化の観察は限定的だが。


小生にとっては
前回は少々甘過ぎに感じたので
今回ぐらいがちょうどよい。


そばは太麺で頼んだので
5mm幅×1.5mm厚
ぐらいのボリューム。

しっかりと煮込まれているため
クタッと柔らかめ。

これはこれでダシを吸ってなかなかウマし。


ちなみに、こういうアツアツメニューは
いっしょに冷却用の

とんすい
呑水


DSC_8450


が供されるが
麺喰道宗主たるもの
このような

日和ったアイテム

に流されてはならない。

熱いものは熱いまま
冷たいモノは・・・・あんま食べないけど
とにかく

出されたものを出された状態で
即座に食す

ことが肝要である。
(細けぇジジイの繰り言ww)


フーフーして
アツアツを
ハフハフして嗜む。



ダシがウマいねぇ。

ホント、日本人にはダシですわ。
(*´ω`*)


さすがにこのボリュームの鍋を
冷ますことなく摂取すれば
汗もかこうというもの。

ハンカチで汗を拭いつつ

ごちそうさまでした。


DSC_8451


最後はまだ熱いナベを両手で捧げ持ち
ダシの一滴まで飲み尽くしました。


会計はオトシヨリ向けに現金メインだが
遠慮がちにカードや電子マネー決済など
対応しはじめているようである。

DSC_8452


ほれほれ、土産物奥手右端
決済用の端末が。


まぁ、小生も今回は
ニコニコ現金払い
をしたわけであるが
特に理由がなければ
現金など持ち歩きたくない
というのが正直なところ。


レジの前に
以前もネタにしたが

DSC_8459


営業車のダッシュボードに貼ってアリガチな

ミニカレンダー

の在庫が置いてあったので

「もらっていいですか?」

と訪ねたら

「お願いですからもらってください」

と言われてしまったwwww


そういえば最近では
営業車でもあまり見かけない
(そもそも営業車にそんなに乗らない)
ので

弊社の社用車にもイヤガラセで
貼っておこうかww



近頃はもこういうアイテムは
需要がないのかもなぁ。
(´д`)


欲しい方は、まだまだ吹上庵に
在庫があるかもww


みんなで貼ろうぜ!
(o´∀`o)

(小生のクルマにはゼッタイ貼らんが)