お勝手

 なんちゃら何日間チャレンジ 

Day8。




Σ(゜∀゜;ノ)ノ
えっ!?



まだ続いてたの??





実は昨年の6月頃
日々の日記のマクラネタに窮して
小生の

愛車遍歴
(愛人ぢゃないよ)

をツラツラと書き記したのであった。


クルマに関していうならば
そこまで誌した愛車すべてが

マニュアルトランスミッション(MT)車

であった。


昨年12月、年も押し迫ってから
クルマを替えたので
その前のクルマについても
ようやく書くことができる。


実は前車は、
人生はじめての
非MT車
であった。


では、
オートマチックトランスミッション(AT)車
であったかというと、実はそれも違う。


なんと、そのクルマには
トランスミッション=変速ギア
が装備されていなかったのである。


そのクルマとは。


honda_odyssey


ホンダ オデッセイ ハイブリッド


もちろん、ホンダ車に決まっているで
ござらぬか。
(。-`ω-)

ホンダ狂



その前車は同じくホンダの

CR-Z

であったが、6年乗って
別にガタが来たとかではないのであるが
そろそろ次のクルマに替えても
いい時期ではないかと

考えるようになっていた。

なにしろ、小生一人が運転するのであれば
コンパクトなボディで
走らせ方によっては十分スポーティで
楽しい車であった。

しかし、拙宅のオコサマ達が
さすがにデカくなってきて
このCR-Zの後席には
収まらなくなってきたのであった。

なにしろCR-Zというクルマ
後席はほぼエマージェンシーシートで
あまつさえガタイのデカい小生は
おもいっきり座席を下げているので
運転席の後ろでは
足を入れる隙間もなく
座るとすれば
正座か座禅か体育座り
する以外にない。

家族4人で乗るというのも
ほとんど無くはなってきていたが
そもそも2ドアクーペなので
後席に乗り込むにも助手席を倒して
乗る必要があった。

ヨメ氏のクルマが
いちおう5ドアタイプの
ファミリーミニバンタイプだったため
このような

ほぼ2シーターのクルマ

でもなんとかなっていたが
小生のクルマでコドモらを
送り迎えすることも
多くなってきた。

現在のミニバンが運転しにくいという
ヨメ氏から
「つぎはそっちのクルマをミニバンにしてよ」
と言われていたので

うーん、どうしようか。
(;´Д`)


そう考えているうちに。

このオデッセイがマイナーチェンジして
ハイブリッドをラインナップ
してきたのであった。

前車CR-Zで
ハイブリッドの良さを堪能していたため
今さらガソリン車には戻れない
と感じていたタイミングに
この
オデッセイ ハイブリッド
が発表されたため
一気に気持ちが傾いたのである。

小生、クルマは
小さくてカラダにピタッと来るような
密着感というかダイレクト感というか
そういうものを大事にしてきたので
まぁ、ハッキリ言って

妥協の産物

であった。


それまでのCR-Zと比べると
車幅はそこまで変わった感はなかったが
車体の長さが倍になったかのように感じる。

実際にはそこまではないが
体感的に言えば
ホントに倍ぐらい長い車体を
転がしているように感じた。


納車されるまでは
ハイブリッド車の試乗車
もなかったため、
通常のガソリン車には試乗したが

「まぁ、こんなもんでしょ(´д`)」

ぐらいにしか感じなかったのである。


しかし。

いざ納車された自車に乗ると。


なんじゃこりゃww


メチャメチャ走るじゃないのwwww


以前のCR-Zが

ホンダ IMA システム
(Integrated Motor Assist)

というハイブリッド形式を採用していたのに対し
このオデッセイハイブリッドは

SPORTS HYBRID i-MMD
(integrated Multi Mode Drive)

を搭載しており

IMAがエンジン主体でモーターはあくまで補助
という
マイルドハイブリッド

であったのに対し

i-MMDでは走りのほとんどすべてを
モーターで行い
エンジンは発電に徹する
しかし高速域でモーターの効率が落ちると
エンジンとタイヤを直結して
エンジン走行を始める

という
ストロングハイブリッド

だったのである。

市街地など低速域では完全にモーターで走り
バッテリーからの電力供給では追いつかない
パワーを必要とする場面などで
エンジンがかかって補助をする
それ以外はバッテリー残量が少なくなった時とか
冷暖房で電力やエンジンの排熱が必要な時のみ
エンジンが作動する

という仕組みである。

バッテリー走行からエンジンが掛かって
電力供給を補助し始めるときの
その境目は
普通に運転していては
全く気づかないレベル。


エンジンがかかると
少なからずエンジンの振動があるのだが
いつエンジンが掛かったかなど
インパネの表示を見ていないと
ほとんど気づかない

レベルなのであった。

これは驚いたポイントの一つ。


そうして、もう一つの驚きは
乗り換えてすぐに感じた

とんでもなく太い低速トルク。

一般のガソリンエンジンでは
低回転時にはトルクが出ないため
スタート時には低いギアで
エンジンの回転数を上げた状態で
発進しなければならない。

しかし
モーターというもの
トルクが掛かり始めた
モーターが回り始めた瞬間が
いちばんトルクを発生する

という特性により
スタート時のダッシュ力はハンパではない。

そんじょそこらの
スポーツタイプのガソリン車であっても
信号からのスタートでは
よほどキチガイじみたエンジンのふかし方で
スタートをしなければ

このオデッセイハイブリッドの
スタートにはついてこれないであろう。

こちらは信号待ちから
す〜〜〜っと加速
したつもりでも
バックミラーを見てみると
他車はみなまだスタートしたばかり
という状態がよく起こるのであった。

それほどモーターのトルクが強い。


そして、ハンドリングに関しても
どうこう言う評論家は多かったが
スポーツタイプのCR-Zから乗り換えても
そんなに遜色ないレベルの
走りを見せた。

まぁ、運転している小生は
ブイブイ加速して
ゴイゴイ曲がって楽しいが
後席の連中は
しっかりとシートベルトをして
深く腰を掛けていないと
ぶんぶん振り回されることであろう。
(。-∀-)

さすがにCR-Zの低重心ボディに比べると
車高が相当高いので
カーブでは不利であるが
他メーカーのミニバンに比べると
クルマ自体が低重心に作られているので
そこそこの走りは楽しめた。


先ほど、i-MMDは高速走行では
エンジンとタイヤが直結して
エンジン走行を始める

と書いたが、その境目は70km/hあたり。

すーっとあまりトルクを掛けずに
高速などで加速していくと
この70km/hあたりで
軽く背骨を「くんっ!」と前に
押し出されるような
感覚がある。

このときが、モーター走行から
エンジン走行に切り替わる瞬間であった。

どれだけシームレスに制御されていても
モーター走行からエンジン走行に変わる瞬間には
やはりどうしても切れ目があるのだ。

エンジン走行は
高速定常走行の場合は継続するが
追い越しのときなどに
アクセルを踏み込むと
とたんにモーターが介入を始め

エンジンは発電機へ豹変し
唸りを上げて回り始める。

この切り替えを
クラッチによって行っているのであるが
それ以外の変速機はない。

よって、なんちゃって変速感が味わえる
シフトパドルもない
のであった。


そもそも、こんな

お高い

クルマなどに乗る気はなかったのである。

しかし現在は
見かけ上の支払いを低く抑える

 残価設定クレジット 

という返済方法があり
それを利用すると
ヘタをすると支払い半額ぐらいで
上のランクのクルマに乗れるのである。


今回はそれに乗っかってみた。

残価設定クレジットとは
車両購入時にはじめから
車両価格の半額ほどを差っ引いて
残りの半額を3年ないし5年で返済する方式。

では、その3年なり5年なりになったとき
どうなるかというと
車両を返却する必要がある。

もし、返却せずに
そのまま同じクルマに乗り続けたいならば
残った車両価格に対し
あらためてローンを組み直し
返済をする
という仕組みである。


つまり、3年ないし5年経ったところで
車両の価値は半分になっていると仮定して
その半額のみを返済するのだ。

一般のローンとナニが違うかというと
一般のローンではとにかく
全額を払い切ることを前提に
ローンを組む。

つまり、高いクルマであろうが
10年かかってでも
(そんなローン住宅ローンかよww)
全額返済することを前提にしている。

10年ローン
(んなのぁねーよ)
の返済途中でクルマを売るとすると
その残債とクルマの売却益で相殺して
支払いを終わらせる
必要がある。


クルマの販社にとっては
残クレでクルマを買うということは
5年後に買い換えることが
ほぼ保証された優良顧客

ということになり
メリットは大きい。

勝手に中古車屋にクルマを売られてしまい
販社と縁が切れてしまう
ということもまず起こらない。

購入時に残価設定した車両価格に対し
ボロボロになって価値が下がっていると
ペナルティで差額を支払うことになるが
残価が大きければ
それは次のクルマを購入する際の
頭金として繰り入れることができる。

そうすることで
販社とユーザが切れることなく
関係が続いていく
というメリットがあるのであった。

このような制度
小生のように

ホンダ車以外乗ることはない

と大見得切っているユーザには
非常にありがたい制度と言えよう。


今年の5月で残クレの
5年の満期を迎えるところであったが
昨年の暮れの段階で清算し
新しいクルマに乗り換えたという次第。

このオデッセイハイブリッド
とても気に入っていたのであるが
残念ながらお別れとなった。


現在はさる場所で
けっこういい値段をつけて
中古車販売の店頭に並んでいる

ようだ。

まぁ、それなりに大事に乗ってきたからな。


そんなクルマに興味のない向きには
ポカ───(´゚д゚`)───ン
なマクラネタはさておき。



 
#おひるにめんいがいのものをたべるれんしゅう

というハッシュタグを作って
なんとか

#おひるにめんいがいのものをたべるれんしゅう

をしようと思っているのだが

「あー、あそこの麺が食べたいな」

とか

「最近できたあの麺の店は?」

とか
とにかく誘惑が多い。

なかなか

#おひるにめんいがいのものをたべるれんしゅう

ができないところである。


なんで

#おひるにめんいがいのものをたべるれんしゅう

をしているかというと


日記がサボれるじゃないですか。
(*´・ω・)




・・・・とか言いながら
麺以外のものを食べても
ついつい日記を書いてしまう

日記強迫観念

に囚われてしまっており
日記をサボる機会が少ない。
(ノ∀`)


そんなわけで
土曜日ではあるが
普段行けない店に行きたくなってしまう。

小生のカイシャからでは
お昼の時間帯に帰ってこれない場所。


鹿児島市西別府町。

いわゆる

鹿児島流通団地

と呼ばれる一角にその店はあった。




その店の名は。


やおきしょくどう
  八起食堂  

DSC_8497


のれんに

【八起ラーメン】

とあるように、以前田上の
インターチェンジ近くにあった
古くからのラーメン屋の

移転・新装開店

である。





旧店舗を訪問したのは
1年半ほど前のこと。

その後、一旦店を閉め
若いご店主に代替わりして
こちらの新店舗に移ったようだ。


鹿児島市街地から武岡トンネルを抜け
九州高速道・指宿スカイライン
方面への分岐を直進
南九州道には入らずに
左へ、左へと
鹿児島流通団地
へとクルマを進ませる。

流通団地へ上る坂の入り口すぐに
こちらの店へのカンバンが。

DSC_8500


指示通りに左折して
そのまま坂を320m登る。

DSC_8501


するとほぼ突き当たりに

DSC_8499


店が。

駐車場は店の前に数台分あるようだが
基本は『路駐』推薦。

DSC_8498


このあたりの地域的特性を考慮してか
道路は駐停車禁止区域ではないようだ。

心置きなくクルマを路チューし
店内へ。

ガレージか工場かを流用したと思われる店の
入り口はあえて
小生など身をかがめて入る低めの
ガラスはめ込みの古い木製の引き戸。


入り口のメニュー掲示を一瞥。

DSC_8484


前回訪問時にもそうであったが
やはりこのメニューがあると
どうしても看過できなくなってしまう

ちゃんぽん

を頼もうと改めて決意。

平日は日替りメニューがある模様。

DSC_8485


まぁ、お店のFacebookページ
フォローしているので知っているがな。
 (* ̄ー ̄)


さて、
木戸クグル
にて店内へ入ると
思った以上に店内はガレージ。

入ってすぐに注意書き。


DSC_8486


どうやら注文票を記入の上
先払いで会計する仕組み
の様子。

11時過ぎとまだ早い時間帯で
後客もいなかったためこの場でオーダを記入したが
どうやら正しくは

入店したらまず席を確保
テーブルにある注文票に記入して
会計窓口に提出してお金払い
引き換えに番号札をもらう


という流れらしい。

たしかに、繁忙時間帯に
入り口で滞留してはイカンからな。
(。-`ω-)



とりあえず
ちゃんぽんのレギュラーサイズ
に丸をして
店内飲食にも丸を。

厨房横の会計窓口へ進み
700円を拠出。

いちばん奥のテーブルに陣取り
すぐ横の冷水置き場から
水を汲んでくる。

八起食堂 - Spherical Image - RICOH THETA



思わず間違って隣の

焼酎サーバー

から汲んでくるところだったぜ。
( ̄∇ ̄*)ゞ

故意ww



DSC_8487


各テーブルには
お店のシキタリなどのPOPが。

DSC_8488


ふむふむ。

DSC_8490


イロイロとオトクな仕掛けも。

小生は使わないがな。



店内には

DSC_8496

記者会見などのときに背景に背負う
市松模様の
バックパネル
が設置されていたり
上の写真の左奥には
アームレスリングの競技台
もあり
ご店主のアソビ心
というか
心意気
が感じられる。


この店の妙味は
出店場所の妙に尽きる
と思われる。


この上にある流通団地は
おそらく各事業所の中に
社内食堂を併設しているところが多いと
思われるのだが
場所がらその他の用事で
訪れる方も多いと思われる。

そのヒトの流れに対し
あまりに食事を提供する場所が
少なすぎる

と思われるのであった。

これまではおそらく
この流通団地内のコンビニで済ませたり
社食に頼ったり
他の場所へ流れていったり
していたと思われるが
選択肢が少なすぎたのだ。

それに対し、こちらのような
ガテン系の聖地
のように
満腹メニューの数々
を提供する店が現れれば
それは繁盛しようというもの。

現に、平日のお昼時は
かなりの人出であると聞く。


さて、

「5番のお客様〜」

と呼ばれたので厨房の窓口まで受け取りに。

DSC_8492


思ったよりも厨房は狭いな。

ピーク時がどのくらいの来客数なのかわからないが
そもそも座席に限りがあるので
この陣容でさばけるのではなかろうか。

受取窓口の横にとその他。

DSC_8491


オコサマ向け食器
も準備されている。

その横には

DSC_8493


各種調味料
「ご自由にお取りください」
漬物が。


さて、自席へ戻り

いただきます。

DSC_8494


スープをひとくち。


DSC_0000_BURST20210123112449132_COVER


お・・・・?

なんか珍しい味付け。


ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、

なんと表現すればよいのだろうか。

強いて言えば

ポン酢とウスターソース味?


いや、そんなふうに感じたのであった。

ほんのりと酸っぱみを感じる中に
スパイシーな風味が。


そして、けっこう味付けが濃い。


麺は、鹿児島の一般的な
ぶわっとした食感のちゃんぽん玉ではなく
コリッと芯の残る茹で上がりで
なかなかにウマし。


もともと大盛り上等な店と聞いていたので
ノーマルサイズでもかなりの量なのでは
と危惧していたが
杞憂であった。

いたって平和的なサイズ。
(*´ω`*)



強火でシャキシャキに炒められた野菜が
心地よい噛みごたえ。

スープを飲み切ることに
若干の不安を覚えつつも
キッチリしっかりと。

DSC_8495


あ、漬物も取ってたんだったww

DSC_0000_BURST20210123112452637_COVER


漬物はごく浅めの漬け上がりにてウマし。


ごちそうさまでした。


腹一杯にナニかを詰め込みたい時には
ダブルサイズで
お願いしたいお店。


お試しあれ。