最近購入して
なかなかヨカッタもの。


aeropex


AfterShokz Aeropex

いわゆる
 骨伝導ヘッドセット 
というヤツである。

骨伝導とは。

通常音を聞くときには
耳の穴から入った音の振動が
鼓膜を震わせて
その振動を蝸牛が感じ取って
音として認識する。

フツーのヘッドホンやヘッドセットは
耳を覆うようにスピーカーを装着するか
耳の穴にヘッドホンを突っ込む。

しかし骨伝導式の場合
直接耳に音を流し込むのではなく
耳の周囲の頭蓋骨を振動させ
それを音として認識させる
という仕組みなのであった。

よって、通常の音声と違い
耳を塞がないので
外の音を聞きながら
音楽や音声を聞くことができる
というスグレモノなのであった。

ただし、以前は
このようにそもそも
音を認識させるための仕組みが
通常とは異なるため
音がくぐもって聞こえたり
今ひとつ聞き取りにくかったり
といったことがあったようである。

しかし、技術は進むもの。

友人の「プロオタク」
絶賛していて
Amazonでたまたま安かったので
会社で使うために
もう一台買った
という話を聞いて
それならば!
と小生も乗っかってみた次第。




タイムセールか何かで
通常より5,000円安く購入できた。


さて、実際使ってみたところ。


奥さん、
なかなかいいんじゃありませんこと?
(人゚∀゚*)



思っていた以上に明瞭に聴こえる。
そして、音質もまずまず。

やはり若干くぐもった感はあるが
そもそもBluetooth経由のデバイスに
そこまで音質は求めていない。


昔は小生もオーディオマニア
というよりは
オーディオ機器マニア
であったが
はっきりいって
音質をどこまで追求しても
あくまで自己満足の世界。


しかも、歩きながらとか
他のことをしながら聴くような音楽では
音質を求めてもしょせんムダである。

まぁ、財力が豊富にあれば
本人が納得するまで
凝るだけ凝ればいいと思うが
もう最近の小生は

音質にこだわることはヤメた。
┐(  ̄ー ̄)┌


それよりも、
お手軽に聴けたり
外界の音を聴きながら音楽が聴けるような
付加価値
のほうに価値を見出している。

密閉型ヘッドホンや
インナーイヤー型などでは
外界の音を遮断してしまい
後ろから新幹線が走ってきても
気づくことなく轢かれてしまうではないか。
(*´・ω・)

どんなシチュエーションだ


小生も会社で
テレビ会議などのときに使おう
と思ったが
実際にはそんなにテレビ会議はない。
 ‎(ヾノ・∀・`)ナイナイ


現在社内では
机上の固定電話を極力減らして
PCによる
Lync/Skypeの個人電話番号
かかってくることが多いのだが

そんなに電話もかかってこない。
(´・ω・`)

現在あまり
固定の主担当顧客を持たず
根無し草として
フラフラ社内を漂っている
独立愚連隊の小生には
そもそもそんなに
電話がかかってこないのであった。

よって、普段は
ヘッドセットを常には装着しておらず
たまに電話がかかってきたときに
ヘッドセットを慌てて付けるのだが
この手のデバイスの場合
おもむろに電源を入れ
Bluetoothがリンクアップして
接続がつながるまで待たなければならず
至って非効率的
であることがわかった。

そのため結局
以前から使っている
USBの有線式ヘッドセット
(会社支給品ww)
に戻してしまった。
それならば常時つながっているので
ヘッドセットを装着するだけで
事足りるのであった。

充電式のヘッドセットの場合
充電池の残容量にも
気を配らなければならないしな。
(´-ω-`;)ゞ


ということで結局この
AfterShokz Aeropex
自宅で家族と同じリビングで
動画を見るときなど
自宅内で使う
ことになった次第。

クルマ以外で出かけるときなど
外出時に使うこと
も考えたが
骨伝導振動部を
こめかみあたりに
適度な圧力で押さえつける必要から
後部のバンド部分と振動部が
一体化しており

バッグに入れるには
形が変わらないので

ビミョーに邪魔

であることが判明した。

そのため、徒歩での外出時には
以前通り

SONY SBH82D

を使っている。




こちらは、左右をつなぐ部分は
フレキシブルきしめんコード
になっているので
折りたたんで収納できるのであった。

こちらも耳を塞がず
外界の音を取り入れることのできる
ヘッドホンであるが
それぞれ全く異なるアプローチを取っており
ヒジョーに趣深い。
(。-`ω-)


そんなガジェット談義はさておき。




なんだか最近食べたような気がする
日記の過去ログをたどってみると
わずか2週間前ではないかww




憩酒家たっちゃん

DSC_8579

DSC_8578




それでも予告されれば
挑まれた戦いには
赴かねばならぬではないか!
(。-`ω-)

昨夜一晩血抜きをした黒豚豚骨でスープをとってる、、、 明日は??

早川 美穂さんの投稿 2021年1月26日火曜日

残念ながら小生の
とんこつちゃんぽん
のリクエストは通らなかったが
前回食べ損なった
多くの諸氏の意見により

黒豚担々麺

になった模様。


ちょうどよかった。

なぜならば
ナゼかは不明であるが
手元に

 5リットルおやっとボトル 


DSC_8570


の空きボトル
があったからである。


しかも、自宅の次のおやっとボトルも
残りが風前の灯状態
である。


フシギなこともあるものである。
(*´・ω・)


さて、現在の情勢を踏まえて
入り口には消毒用アルコールが。

DSC_8569


ほんと、世知辛い世の中よのぅ。
(ノ∀`)


しかも、居酒屋は現在
中共武漢コロナ報道禍にて
諸悪の根源であるかのごとく
日本国政府から糾弾されており
夜の営業も規制されている。

少しでもお役に立てればと
馳せ参じた次第。


担々麺食いたいだけww



さて、実は小生
本日モロモロ所用があって
休みを取っていたので
11時半の開店早々にお邪魔した。

さすがに先客ナシ。

憩酒家たっちゃん - Spherical Image - RICOH THETA



卓上に
かごんま標準装備の
甘口醤油


県外客向けの
キッコーマン
(辛口醤油)

が置かれているのが
この店がそもそも
ジモティの憩いの場であるとともに
県外からの訪問客や
アスリートの皆さんをもてなすことを
主眼においている
ことを
物語っている。


DSC_8571


言わずもがなのCコースを。

DSC_8572


待つことしばし。

「お待たせしました〜」

DSC_8573


今回は
セットのご飯を

「少なめで・・・・(^^ゞ」

と告げる勇気ww


たっちゃんママから

「断る選択肢もあるんだからね!」

と告げられるも
とても小生にそのような勇気はない。

ビンボー症ww



さて。

いただきましょう。

スープをひとくち。


DSC_8574


ラー油の辛さも控えめ
全体の調味も抑えめ

であるゆえ
たっちゃんママからこちらの

DSC_8575

youkiの辣油
カルディで売ってる麻辣七味


の提供を受ける。


こちらの麺メニューは
そもそも黒豚とんこつスープを
金曜日のカレーに使用するために
作られた副次メニューであるため
もちろんスープがうまい


半分ほど食したところで
提供してもらった
辣油と麻辣七味を投入!


そして麺をさらえたあとには
残ったご飯をドボンして
お行儀が悪いが坦々雑炊として
最後まで美味しくいただいた。


DSC_8576


ごちそうさまです。

満足満足。


ちなみに明日、1月29日(金)
レギュラーメニューの
カレーを主体にしているが
予報が最高気温10℃を下回っているので
お約束の

豚汁

登場であるらしい。


お試しあれ。