ちびくろサンボ

chibikurosanbo


をご存知か?


小生らの年代にとっては
フツーに図書館にも置かれていて
ごく自然に受け入れていた

なんの変哲もない絵本

であった。


しかし、そのタイトルや内容などが

黒人差別である

との批判を受けて
1988年(昭和63年)に
出版社が一斉に絶版させる

という事件があったらしい。


よって、ある時期を境に

ちびくろサンボ世代であるか否か

という世代の断絶があるのだ。
(。-`ω-)



・・・・で?
( ・∇・)



いや、そんだけなんですけどね。


そんなオチを考えてなかったマクラはさておき。





なんだか最近
2週間に1回ぐらいのペースで
呼ばれている気がする。
(´・_・`)

黒毛和牛の牛骨と赤鶏のガラでスープをとっています、、 明日はなーーーんだ?

Miho Yamashitaさんの投稿 2021年2月3日水曜日

憩酒家たっちゃん

DSC_8648


今回は。

DSC_8647


赤鶏ガラ&牛骨スープで
醤油ラーメンセット



あ、もちろん
Aコースの揚げ物も
Bコースの焼き魚も

フツーにあるんですよ。
(´-ω-`;)ゞ


ちなみに、
2週間だと思っていたが
前回は1週間前だったのよと
たっちゃんママから指摘が入ったww


なんと、それなのに

DSC_8639


すでに貢物の

 おやっとボトル 
(5リットル)

があるというのは
どういうことか、フシギでならぬ。
(。-`ω-)


当初、
3週間で1サイクル
ボトルを生産

という流れができあがっていたのだが
今年はほら、寒いからww。



外食は悪

という政府のプロパガンダにより
すっかりめっきり
ここ憩酒家たっちゃんでも
来客が減っているようである。

憩酒家たっちゃん - Spherical Image - RICOH THETA



マスターがいちおう念の為に

「Cでよかったですか?」

DSC_8641


と確認するが

この店でCコース以外
頼んだことがあっただろうか


いや、ある。
(; ̄ェ ̄)


反語ww?



手がかかっているのは
下ごしらえなので
提供はサクッと
ほぼ麺茹で時間のみで。

来ました。

DSC_8642


今回は

ご飯少なめ

って言うの忘れてたww


では、いただきましょう。

スープをひとくち。

DSC_8643


あー、やさしいあじ。
(*´ω`*)


この店では
この醤油ラーメンのときだけ
特別にキッコーマン醤油

を買ってくるそうだ。

そもそもこの醤油ラーメンは
以前在籍していた埼玉出身
鹿児島ユナイテッドFCの選手が

「鹿児島じゃ
甘い醤油のラーメンしか
ないんでしょうねぇ・・・・」


と言ったことに始まるらしい。

「なら作って食べさせたるわ!」

というたっちゃんママの
侠気ある太っ腹精神から
編み出されたメニューというわけだ。


ということで、この醤油ラーメンは
甘くない。


いや、もちろん
コテコテ関東の
醤油の味しかしないラーメン
ではなく
じっくりと煮出した
赤鶏ガラと牛骨により
味わい深い一品
となっている。


惜しむらくは
麺メニューそのものが不定期であり
この醤油ラーメンも
次いつ食すことができるか
全く予測不能であることだ。

おそらくきっとタブン
たっちゃんママ本人にも
予測はできないことであろうww



食しながら

「あー、これは胡椒をパラパラっとすると
ぜったいおいしいやーつ!」


と思っていると
魔法のように胡椒が登場。

DSC_8644


挽きたてのピリッとした胡椒が
スープの旨さを何倍にも引き立てる。


一気呵成にすすり倒してもうたわい。
 (* ̄ー ̄)


ごちそうさまでした。

DSC_8645


食後のコーヒーなどたしなみつつ。


なお、今回は
お店のビルの横のコイン駐車場
たまたま空いていたが

DSC_8649


現在その真ん前のビルの工事で

DSC_8651


工事関係車両が貸し切りにしていたり
することも多く
なかなか空いていないのが悩みのタネ。

空いていた場合には
憩酒家たっちゃんで精算時に

DSC_8650


40分ぶんのサービス券
を発行してくれるので
活用されたし。


この店への訪問回数が
他店に比べやや多め
であるのはやはり

高校のパイセン&後輩

の店であることもさることながら

限定メニューはネタになるし。
 (* ̄ー ̄)v



こんな日記を書くだけで
ナンボかお店のお役に立てるならば
安いモンである。


まぁ、そもそもが
小生の個人の日記なので
効果のホドは期待薄だがなww