先日、東北を震源とする
大きめの地震があった。

後にこれは、
東日本大震災
(2011/03/11)
の余震ではないかと発表されたが
10年経ってもまだ余震とは
地球規模で見れば10年などという時間は
ほんの刹那である
と再認識させられる。


拙宅の長男氏は、現在東京という名ばかりな
神奈川県東京都町田市
に進学しているが
もともと地震の少ない鹿児島出身ゆえ
この地震をどう乗り切ったものかと
Amazon echo show
によるテレビ電話で確認してみた。

「めっちゃ揺れた!」

と言っていた長男氏であるが
その後ニュースなどを見聞きするうちに
心配になってきたらしく

「懐中電灯もラジオもないよぅ( ;∀;)」

と泣き言を言い出したので
さっそくAmazonせんせーに
防災セット
の配送を頼んだのであるが・・・・


みんな考えることは同じようで
防災セット、軒並み
配送時期が3月以降
となっていた。


いろいろと吟味した結果

防災セット





こちらを注文。


防災セットと言っても
3,000円ぐらいのものから
30,000円ぐらいのものまで
千差万別であるが
とりあえず3日ほど生きながらえるよう
必要最小限のものにしておいた。

まぁ、長男氏の住む賃貸は
大家さんと含めて3世帯という
小さな物件ながら
少し高台に建っており
しかも軽量鉄骨の新築とあって
倒壊の心配は少ないものと思われる。

しかし、近隣の火災など
不意を突かれて焼け出される
ということもありうるので
用心するに越したことはない。


せめて、長男氏が在京のうちには
このようなモノを使わずに済むよう
願うばかりである。


そんな親バカな願いはさておき。




先日、こちらの店で食したあと
日記に誌したところ
ご店主から


モダンの塩は過去に出していた商品とは違うモノでして
現行のモダン塩も食べてこそコンプリートではないでしょうか!(^^)
現行モダンはちょっと奇抜なテイストではありますが是非、ご試食お願いします(^^)


と挑戦状を叩きつけられたのでww
イソイソとやってまいりました

麺の房 雨ニモマケズ

DSC_8900

DSC_8899


カウンターへ。

麺の房雨ニモマケズ - Spherical Image - RICOH THETA



ご店主宮崎さんがニヤニヤしながら

「なんにしましょう?」

「モダン塩に野菜トッピングで!」


すっかりこちらの手の内を読まれている。
おかしいな?
日記にしか書いてないはずなのに。

バレバレww



いちおうメニューも確認する。

DSC_8891

DSC_8892


さすがに2週間ほどでは
メニューは変わらないようだww


先客への提供が終わったな、
と思ったら意外と早くの提供。

どんっ!!

DSC_8893


いやいやいやいやいやいやいやいや。
 ‎(ヾノ・∀・`)



変わりすぎでしょ?!




前回食したのは
昨年の5月と
すでに記憶の彼方のことだったので
事前に自分の日記でw
復習をしてきたのであるが
それにしても路線変わりすぎ。


なんだか、トマトをメインにした
各種野菜の炒めものが
ベーコンかと見紛うような
豚バラチャーシューとともに
麺の上に乗っかっているではないか。

ポカ───(´゚д゚`)───ン


これは洋麺か。
イタリアンか。



たしかに、『モダン』ではあるな。


では、まずはいただいてみてから。

スープをひとくち。

DSC_8894


すでにして、スープから
バジルっぽい洋風の香りが立ち上っている。

ずずずっ!


お!

スープもまるで洋風の鶏白湯ような。

一部トマトの酸味が溶け込み
さらにバジルの香りもするので
スープスパゲティのような様相を呈しているのだが
しっかりと麺は中華麺。

茹で具合もジャストに。


なんと表現してよいのか。


以前の初期モダン塩は
あくまで鶏白湯ベースで
ラーメンの延長線上
にあったのだが
こちらのニューバージョンでは
洋麺側からラーメンに近づいたような
そんな雰囲気であった。

以前はカラフルさを
五色あられ
に頼っていたが、新作では

DSC_8895


各種具材がそもそもカラフル。

トマト、ナス、パプリカ、
タマネギ、などなど。


ちょうど先客も辞していって
少し厨房がゆっくりになったので
ご店主宮崎さんに聞いてみると
これらのカラフルな野菜の炒めものがデフォルト
野菜増しにした分は
キャベツやもやしなどの部分であるという。


ついでにそのままいくつか質問。

宮崎さんは以前推察したとおり
出身は福岡だそうで
鹿児島には3年ほど前に
奥さんのお父様が
亡くなられたことをきかっけに
義母さまが一人になるので
引っ越してこられたそう。

そのときに、一風堂を辞めて
鹿児島に来られたそうだ。

以前からラーメン屋をやりたいと思っていて
店の名前はともかく
宮沢賢治の

【雨ニモマケズ】

の詩を店内に飾りたいと思っていたそうで

DSC_8898


結局はそのまま店名になったそう。

他の店とも重複しないからと。


しかし、やはり鹿児島出身ではないということで
鹿児島の他のラーメン屋さん
が気になるよう。

「どこか美味しいラーメン屋さんありますか?」

と聞かれたが、最近の鹿児島のラーメン屋さん
どこもレベルが高くて
ウマいからなぁ・・・・

宮崎さん、どちらかというと
アッサリしたラーメンが好み
のようだが
鹿児島でアッサリ系のラーメンと言われても
最近何店か台頭してきている
中華そばや
を標榜するラーメン屋ぐらいしか
あまり思い浮かばなかった。
(´-ω-`;)ゞ

あとになると
イロイロと思い浮かぶのであるが。


「鹿児島のラーメン屋さん、どこもソレナリに
レベルが高いですからねぇ・・・・」

と答えたが、
忖度しているように聞こえたかもしれない。

しかし、実際、
最近の鹿児島のラーメン屋さんで

「ここは・・・・(οдО;)」

と思った店はほぼない。


以前はけっこうあったがww
そのような店は今ではどこも残っていない。

今消えて行っているお店は
味などの要因ではなく
場所が不向きであったり
別の要因であったリ

が多い。


新店であっても、
どこもみなウマいのであった。


麺はどちらのモノを使っているかと聞くと
やはり博多から取り寄せているとのこと。

鹿児島の製麺所もいくつか当たったが
どうしてもかん水が少ないらしく
狙った歯ごたえが出ないのだという。

確かに、鹿児島は
ヘタをすると無かん水の麺
などもあるように
柔らかい、かん水少なめの麺が
多いような気がする。


などなど会話しているうちに。

ごちそうさまでした。

DSC_8896


小生結局
野菜をすくう穴開きレンゲ
使いませんでした。
Σ(´∀`;)



あっ!!


今回は忘れずに
あんず
いただきました!!

DSC_8897

前回食べ忘れたヤツww



満足満足。

お試しあれ。