2月23日
(火祝:天皇誕生日)

天気 快晴


あまりの天気の良さに
給油がてらクルマを洗車機に放り込み
(今後の天候に注意ww)
そのままぶらっと車を走らせる。


海が見たいなと

江口浜へ。


かつて

国民宿舎 江口浜荘

だった建物は
昨年11月にリニューアルされ

OCEAN RESORT えぐち家



として営業を始めたようだ。


DSC_8964

DSC_8962

DSC_8963


コドモの頃、ここによく連れてこられて
海水浴を楽しんだものだ。


建屋の下はさながら
プライベートビーチ。

DSC_8966


キャンプ場には海を見晴らしながらの
デッキチェアが置かれており
焚き火を囲みながら談笑できるよう。

DSC_8965


今日はどこかのスポーツ団の合宿か
大学生ぐらいの男子がワサワサと
たむろっていた。

DSC_8967


土日祝はデイユース
で部屋が使え
3時間2名で3000円と
なかなかリーズナブル。

風呂は大浴場が
時間内なら何度でも使えるようだ。

ここでオトナの修学旅行もいいなぁ。
(*´ω`*)

公立高校は修学旅行がなかった世代ww



そんな妄想はさておき。




というわけで
江口浜に向かう途中。

今回はこちらで食べると決めてきた。


DSC_8961


立喰い
手打
そば


と大書されてる
国道3号線沿いの

立喰い手打そば あずまの




梅ヶ渕観音の登り口にある

あずまの梅ヶ渕店

の姉妹店に当たる。





いちおうホームページもあるようだが



NTTタウンページのHPって初めて見たぞ。
(´⊙ω⊙`)


かつては与次郎ヶ浜の
与次郎グルメモード

ドコだかわからんやろ

にも店があったが
(17年ぐらい昔にww)



現在はこの2店のみであるようだ。


こちらの店の
独特のダシの味が忘れがたく。
(*´ω`*)



梅ヶ渕店には何度も行っているが
こちら伊集院本店には
それこそン十年前に来たっきりではないかと
思われる。


さて、入店。


DSC_8955


メニューは梅ヶ渕店と共通か。

今回は

大盛山かけそば

を注文することに。


なにせ、朝寝して朝食も摂っていないからな。
Σ(´∀`;)


まずはレジで注文してお金を払い
自分で給茶機から茶を注いできて
立喰カウンターに席を確保。

立喰い手打そば - Spherical Image - RICOH THETA



そんなしている間にすぐ呼ばれる。

「大盛山かけのお客さま〜」


どーん!!

DSC_8956


受け取るときにレジで
ドカッと七味を投入してきたww

では、いただきましょう。


ダシをズズズいっと!!

DSC_8957


あー、ウメーww!


ナニが独特って、このダシ、
干しシイタケを中心に
カツオ節やコンブを効かせ
鹿児島としては甘くない部類に仕立て上げているのだ。


そばは見ての通り
幅広に切られたそば切り

鹿児島田舎そばの流儀で
自然薯をふんだんにつなぎに使った
ブワッとした食感のもの。

意外とコシはあって、
プッツリと切れるというほどではないが
それでも食すには

歯はいらない。
 ‎(ヾノ・∀・`)イラナイ



ダシと一緒に口中に注ぎ込んだら
歯茎でも噛めるww


年取って介護が必要になったら
毎食このそばでいいやwwww


そのぐらいヤワヤワなそばなのであった。


みな立喰カウンターにドンブリを置いたまま
背中をかがめて
そばをすすっているが
小生、少々タッパが高いので
そんな食べ方をしたら
腰を痛めてしまうww


よって、ドンブリを左手に持ち
一気呵成にダシとそばをすすりきる!!


ぷっはぁ!!

DSC_8958


ごちそうさまでした。


たまに食べたくなるよねぇ、この味


お持ち帰りもあるようだ。


DSC_8959

DSC_8960


県外在住の鹿児島県出身の諸氏。

鹿児島田舎そばを食べたくなったら
レッツ通販!!


ジモティはお店へww