ごくごく初期に近い
アニメ世代の小生としては
(いつとはあえて言及しないww)
原作付きアニメについては

もっぱら原作派

である。


かつての
うる星やつら
とか
めぞん一刻
とか
(高橋留美子モノばっかやんww)
とにかく原作重視派で
アニメはほとんど見ていない。


漫画原作のアニメだと
どうしても原作の絵の雰囲気を継承せず
アニメに特化した画作りにて
受け入れられなかったのである。


だがしかし、幾星霜。


世の中は変わった。

昔の週刊アニメとは
とにかく制作に追われて
ともすると

作画崩壊

と呼ばれるような
ヘタッピーな画にテキトーな背景が付いている
といった
事態が散見された。

かの有名な
超時空要塞マクロス
(1982年10月3日 - 1983年6月26日)
においては


第11話「ファースト・コンタクト」では
動画作業が間に合わず原画部分のみを撮影、
「アニメーションというよりテレビ紙芝居」
と揶揄された。

[Wikipedia "超時空要塞マクロス#作画問題" 項より抜粋]


ということもあったのだ。

当時リアルタイムに視聴していた小生は
突然画面が紙芝居のようになり
声はアテレコされているのだが
画面がまったく変わらないので

一種のトランス状態のように感じられ

「これは新しい手法なのかッ!!?」

などと思ったのであるが
単なる作画崩壊であったようだ。


なお、その後放映されるDVD版などでは
ちゃんと作画されたものに差し替えられているので
ご安心めされよww


さて、翻って現代の
原作付きアニメであるが

とにかくクオリティがすごい。


昨年話題になって巷間を席巻した

 鬼滅の刃 

などにしても
そのアニメーション技法などは
現在ではCGも使えるとはいうものの
とにかく作画の熱量に圧倒される。


小生など最近は漫画も見ないので
原作を見たことはなかったが
アニメを見る限りその作画技術に圧倒された。


最近で言えば、今年の話題の中心になると目されている

 呪術廻戦 

なども
とても週刊アニメとは思えない作画レベルである。


最近は原作知らずでアニメを見ることが多いので
いざ原作の絵を見てみると
逆に

なんじゃこりゃ?

と思うことも多くなってしまった。

そのくらい、昨今のアニメの作画技術は
急速な進歩を遂げているのである。


本日、3月8日(月)から
ようやく数度の公開延期を乗り越え

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||


shin-eva


が公開されたようであるが
小生など

「あー、作画がキレイなアニメだなー」

ぐらいにしか感じられそうにないので
劇場での鑑賞をためらっている次第。

観てもたぶん、
まったくワカランチン
で終わるだろうなぁ。
(´д`)


そんな、前作の

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

すらまともに解釈できていない
ニワカエヴァ鑑賞者の嘆き
はさておき。

まったくイミがワカランww




朝から鹿児島市立病院へ。


昨年5月に受傷した右肘の骨折で
埋め込んだチタンプレートの
除去手術の日程
を決めるため。

順調に骨はくっついているようなので
5月に再手術と相成った。

その後、
別の病院でモロモロあり
(内輪ネタ「とーちゃん」に会ったww)

13時過ぎてようやく終了。


となれば・・・・

ふだん行けない店へ。


国道3号線を
伊敷から伊集院方面に向かっていると
麦生田の手前にあるお店。


DSC_9145

DSC_9146


ラーメンお多幸




昔からこの前を通りがかりながら
なかなか訪問の栄に浴することのなかったお店。


こちら方面に来ることも
最近では少ないからな。


最近ではご店主が変わったと言って
あちこちのSNSなどで
名前を見かけることも多くなった。

訪問は13時過ぎ。

入店すると、先客がどどっと退店するところ。

しばし通路を開けて待ち
カウンターの席へ。

ラーメンお多幸 - Spherical Image - RICOH THETA



カウンター周り一面にディスプレイされた
各種の飾りのものより
現在のご店主は

鹿実野球部出身

であろうと予想がついた。


さてメニュー。

DSC_9138

DSC_9139

DSC_9140

DSC_9141


ほほ〜、現店主

三代目

なのだな。


このメニューがあるとついつい釣られてしまう
「ちゃんぽん」
しかも
「旨辛」
そして辛さを選べるらしい。

んじゃ、

旨辛ちゃんぽん大盛りを5辛で!
(*゚▽゚)ノ


さぁて、こちらのお店での

 5辛 

の辛さはいかに。


店自体は古いのだが
適宜改修されて清潔に保たれている。


冷水とともに運ばれてくるのは
イニシエ系の店でよく見られる
真っ黄色のタクアン。

DSC_9142


このあたりは古くからの流れを
尊重している模様。


そして、お客さんたちは
ランチタイム真っ盛りには
フツーの通りがかりのドライバーが多いのであろうが
ご近所のみなさんの憩いの場となっているようで
おばちゃんたちが
かしましく近況報告&情報交換をしていた。

三代目ご店主もニコニコしながら談笑。

やはりこういうご近所づきあい
大事なのだなあと思った次第。


さて、しばし後に
ちゃんぽん来ました!!


DSC_9143


ばばぁ〜ん!!


ほう・・・・

思ったよりも赤いネ。


では、いただいてみましょう。


スープをひとくち。

DSC_0000_BURST20210308132929984_COVER


具材の上に乗った赤い粉
手前からスープに溶き入れ
ずずっと!


あ。

意外と辛い。

しっかり辛い。

これは、通常のトウガラシではなく
ハバネロ系のトウガラシ
を使っているな。

ジクっと舌を刺す辛さ。


麺はちゃんぽん玉の丸麺であるが
一般的なブワッとした茹で上がりではなく
コリッとした芯を残す茹で上がり。

とんこつスープの滋味に
魚介や野菜の味わいが溶け込み

ウマいスープになっている。
( ̄¬ ̄*)


辛さについては、
初期のインパクトは強かったので
2.2KMほどか?
と思っていたのであるが
少々中だるみしてきて

これは2.0KM切るかな?

と思っていた。

終盤につれてだんだんと辛さが蓄積してきて
再度辛メーターが上がってきた。

どうも小生の辛ジャッジは
少し甘めに触れるきらいがあるので

数値を高めに付けがち

低め補正をかけようと思っていた。


この5辛メニューを頼もうと思うということは
ソレナリに辛さ体制に自負があるので
もしこれを2.0KM以上と辛ジャッジすると

そんなに辛くないじゃんと失望させる

ことになるかもと
いろいろと考えていた。

しかし、終盤になるにつけ
蓄積する系の辛さのようで
辛ジャッジの数値も上がってきて
最終的には当初の通り

 2.2KM 

と辛ジャッジした次第。


ちなみに小生の私的バロメーター
以下の通り。



0.0~1.0KM 誰でも食べられる辛さ
1.1~2.0KM 辛いモノ耐性の弱い人でもOK
2.1~3.0KM 辛いモノ好きな方々向け
3.1~4.0KM 特に辛いモノ好きなマニアックな方々向け
それ以上 ヘンタイ



よって、辛いもの耐性がなければ
ちょっときびしい辛さかと。


大盛りにしたので
おそらく麺は1.5玉。

それ以上に野菜を主体とした具材が
かなりのボリュームであった。


おいしゅうございました。

ごちそうさまです。


DSC_9144


また来ます!
(*・ω・)ノ


PayPayでお支払いww