広大な駐車場
まわりにクルマがいないことを確認して
わざとぽつねんとクルマを止める。

ヘタにクルマに傷をつけられたくないので
あえて離れて止めることは
よくあることである。

しかし、所用を済ませ車に戻ってみると
ナゼか小生の車の周りに
取り囲むように車が止まってるの

なんなの?
(*´・ω・)


調べてみるとこれは

トナラー

というネットスラングがあるほど
顕著な現象であるらしい。



tonarer
(画像は拾いモノ)



そもそもの原因は
運転が超絶下手くそな場合
目標物がないと止められないので

隣にクルマがありつつの
まわりが空いている
場所を狙うらしい。


小生など
まったく理解不能な行動である。

いかに狭小なスペースに
クルマを滑り込ませるか
といったスリリングなチャレンジならまだしも
まわりにクルマはいないが
目標物はある状態
などなんの意味があるのか?

バックする時に
ドアを開けて下がる行動

ともども
理解し難い。


ヤレヤレ。
┐(  ̄ー ̄)┌


そんな
クルマの運転にまったく違和感を感じない
側からの意見はさておき。




今日も今日とて大隅行。

DSC_9148


いや、言うほど通ってはいないのであるが
今後は少々訪問頻度が上がりそうな。

今回も目的地は
志布志市志布志町志布志
である。

同行者は前回の
大隅マイスター
とは別のパイセン同僚

だがしかし運転はパイセンww


実は自分で運転したほうが
ナンボか気が楽なのであるが・・・・


ということで、
前回の訪問以後
大隅マイスターとパイセンが話したらしく
今回のランチ場所も自ずと決まっていた。

DSC_9158


 ラーメン 無愛想 

DSC_9157




意外と早く着いてしまって
11時半前に到着。


券売機へ。

DSC_9149


前回は
濃厚味噌ラーメン
に野菜トッピングをしたので
今更ながら初心に帰り

こってりラーメン
野菜トッピングで。


まだ店内は空いていたので
一番奥の二人掛けテーブルへ。

ラーメン無愛想 - Spherical Image - RICOH THETA



そうそう、このダイコンの漬物が
塩っぱかったんだよなと
控えめの取り分け。

DSC_9151


卓上の調味料。

DSC_9152


ダイコンの漬け物を食べながら

「そういえば明日は血液検査なんだよな」

とかいいながらラーメン頼んでちゃダメでしょ、
パイセンww


時間が時間ゆえか
先客が少なかったので
意外と早めの提供

どんっ!!

DSC_9153


チャーシューの向きからして
正面ではないような気がするが
あえて気にすまい。


あ、パイセンが頼んだ
あっさりラーメンの大盛りも
反対側からパチリ。

DSC_9154



では、いただきます。

スープををひとくち。

DSC_9155


まず感じるのは
少々塩っぱいな
という感想。

しかし、食べ進めると気にならなくなり
とんこつの甘い風味を感じるようになる。

前回もこんなに細麺で
白っぽかったかな?

おそらく、味噌ラーメンとは
麺を変えているのではなかろうか。

麺の茹で上がりはやや固めだが
絶妙な具合。

スープを良く持ち上げる。


野菜増しにしたおかげで
麺と同量ではないかと思われるほど
もやしやキャベツが載っている。

これを麺とともに
あるいは単独で
ワシワシといただく。


ズルっとさらっといただきました!

DSC_9156


辞する時点で12時前と
早目の時間だったため
隣接する駐車場も空きが出ていた。


DSC_9159

DSC_9160


こちらに7台分ほど、
空いていない場合には
近くの志布志市役所の駐車場
利用可能なようである。

お試しあらんことを。



客先で打ち合わせを済ませ
帰りの垂水フェリーでは
お約束のうどんをば。

DSC_9162


今回は
わかめ七味うどん
と洒落込んでみた。

DSC_9163


もちろん、うどんを食べるという行為は

「あー、のどが渇いたなぁ
うどんでも食べるか」


という程度の行為であるため
深く考えてはならない。


あ!

今回はフェリーに乗り込んだのが
出港間近だったため
出港前に食べ終わらなかったではないか!

DSC_9164

でも出港直後ww



ごちそうさまでした。