本日、所用があり
溝辺方面へ。


溝辺といえばサクラの名所
上床公園ではすでにサクラが満開




DSC_9187



・・・・ではありませんでした。

DSC_9188

DSC_9189


所によっては旺盛に咲いている場所もありつつの

DSC_9190


まだまったく咲いていないところも。


咲いていたのは山桜か?


まだ閑散としていた次第。


今年の鹿児島の開花予想は
3月17日
ながら、はたしてあと一週間未満で開花するのか?




ちなみにさくらの開花とは、
標本木のつぼみのうち、
5~6輪の花が咲いた状態をいうので

まぁ、5〜6輪なら咲くかな?


そんな春待ちの季節はさておき。




溝辺へ行く途中の加治木
もう何十年も前から
いつも通りがかりに

「この店に行かねば」

と思ってきた店がある。


たいていここに至る以前に
どこかで食事を済ませてきたり
国分方面などで食事を摂るという
目標を持って通りがかったり
タイミングを逃すことはやン十年。

むかしはこのカンバンも
もっとハッキリしていたものだがww


そば処 東福庵

DSC_9185


あ、このカンバンの表記では

めん処東福庵

となっているな。

DSC_9186


どーん!!

DSC_9184


ばばーん!!!!


もう、何十年も前から同じ佇まい。

ようやく今回
「この店に行く」
という目的意識を持って訪れましたww


12時に会社を出てきたので
入店は13時頃に。


店内は一段落しつつあるところであった。

そば処東福庵 - Spherical Image - RICOH THETA



駐車場は店の前3台分ぐらいの他に
店の横に2台ほど、
ウラ手にも数台止められるようだ。


空いている一番手前のテーブルへ。

さてメニュー。

DSC_9175

DSC_9176

DSC_9177

DSC_9178

DSC_9179

DSC_9180


メニュー多いなww


では、麺喰道のオシエ

初襲の店では筆頭メニュー

を実践。

天ざるそばをば。


先客もこれを頼んでいた客が多いようだ。


卓上には七味と爪楊枝ぐらいしかない潔さ。

DSC_9181


天ぷらを揚げている音がして
やってきました

天ざるそば!

DSC_9182


あー、殻の上を切り取った
古式ゆかしきウズラのたまご。


ネギダイコンおろしをツユに入れ
ワサビは適宜そばに乗せて。


では。

ずるずるずるっと!

DSC_0000_BURST20210311131852071_COVER


手打ちか機械打ちかは不明だが
ずいぶんツルリとしたそばである。

ツユは鹿児島にしては甘くなく
かといって塩っぱいわけでもない。

天ぷらも揚げたてとまでは行かないが
しっかりと温かく
そばつゆに浸していただきました。


蕎麦湯のサービスはないようなので

あとで気づいたがメニューに
希望なら申し付けてと
書いてあったww


最後にツユをズズイとすすって

ごちそうさまでした。


ごはんものがないのに
付いてくる漬物の処遇
には困るところであるが
とりあえずシメでポリポリと。


しまった、お茶も飲み干してしまっておった。
Σ(´∀`;)


ようやくこれで
積年の宿題を済ませた気分
であった。