田舎の山道を走っていて
ふと疑問に思ったことはないだろうか?


DSC_9281


 このピンクリボンは何なのか? 

と。


注意してみると
あちこちに散在している。


ガードレールに巻かれているパターン。

DSC_9282


竹などの杭を打って結びつけているパターン。

DSC_9280


ただ木の枝などに結んでいるパターン。

DSC_9279



などなど。


工事現場で
工事の注意を促すカンバンなどに
吹き流しのように結びつけている場合は

「あー、注意喚起なんだな」

とわからなくもないが
山道などに突然
なんの脈絡もなく現れたり
ある地域に集中してはためいていたり。


一体全体なんのためのリボンなのか。


ピンクリボンだけに
乳がん撲滅
を目指しているのか?

pink-ribbon

( ゚∀゚)o彡オッパイ( ゚∀゚)o彡オッパイ


それとも路肩を示す標識なのか。

はたまた
ナゾの組織による
ヒミツの場所への案内のための
道しるべなのか。

(。-`ω-)




県内だけでなく
県外でも広域に見かける。

一人の
ピンクリボンおじさん
が結びつけて回っているにしては
大掛かりすぎるのである。

かといって、
工事などの際の目印
にしているにしては
あまりに脈絡がなさすぎる。



教えて!エロいヒト!!


そんな結論が出そうにない
不可思議事象の検証はさておき。



つか、このピンクリボン
どこに売っとるん?
(*´・ω・)






昨日まで
ガンタレ社用車で
散々走り回っていたにもかかわらず
日曜の陽気に誘われて
(妖気じゃないよ)
南薩方面へドライブ。

伊集院を抜けて吹上へ。

こちらのキムチがウマいと聞いて
やってきました

DSC_9270


かめまる館

DSC_9271


無事キムチはゲットしたが

DSC_9261


ここでそばも食せると聞いてきたのだが。
(*´・ω・)


あ、別館でしたww

DSC_9269


こちらは

かめまる庵

でしたww


入り口券売機で食券を買おうとすると

DSC_9262


おばちゃんが

「ごめんねー、いろいろもう品切れで」

と、券面に

『売切』

の札を貼っていった。


おにぎり類
かきあげや天ぷらの揚げ物類
ラーメン一式


などが売り切れに。

しかーし。

小生はそんなものなど
そもそも眼中にない。


山かけそば
大盛り


のボタンをぽちっとな。


DSC_0000_BURST20210314124825807_COVER


残念ながら今日は
THETA360
のサイトが不調なようで
全天周画像をアップロードすると
待たされた挙げ句に

「アップロードに失敗しました」

と表示されてエラーになるので
店内写真はナシで。


・・・・何十回リトライして
パケットを無駄に使わせられたことか
(つд`)


さて、カウンター席は埋まっていたので
奥のテーブル席へ。


なんと!!

店内写真をお見せできないのが残念であるが

ザ・掘っ立て小屋!ww


(どうしても見たい方はこちらをクリック


台風とかの時に、
大丈夫なのか、この小屋。
(*´・ω・)


心配になるぐらい脆弱な
壁は透明なタキロン一枚。

冬は極寒
夏は酷暑であろうことが
容易に想像できる造り。

しかも海のすぐ近くだし。


ポカポカ陽気の今日でよかったww


なんの説明もないので
勝手に振る舞うしかないが
先客が残していったと思われる
急須代わりの小さなヤカン
茶筒から小袋に分けられた茶っぱを足し入れ
卓上のポットからお湯を注ぐ。

DSC_9264


ナゾの草花も卓上を彩る。

DSC_9263


待つことしばしで
そば登場!!

DSC_9265


・・・・ごはんがない場合
この漬物の処遇に困るよなぁ、
毎回。
(*´・ω・)

DSC_9266


まぁ、おかげでこのキムチ
味見することができた。


ふむふむ、結構濃厚に魚介エキスを感じ
全体的にフルーツでも入っているかのような
甘みを感じる。

いや、実際にりんごとか
果実も入っているのではなかろうか。


んじゃ、まぁ、
そばをいただいてみましょうか。

いただきます。

ダシをひとすすり。

DSC_9267


そばはイカニモな鹿児島田舎そば

券売機には
100円プラスで手打ちそばにできます
的なことが書かれていたが
手でこねるか機械でこねるか
ぐらいの違いで
成分は変わらないのではなかろうか。
(憶測)

十分にボソボソとして
箸ですくうとポッキリと折れる
田舎そばであった。


ダシはカツオとコンブとシイタケ
そのほかのブシ類が合わさり
ふくよかな味わい。

変に甘くないのがよろしい。


そばの長い部分が残っているうちは
箸でたぐって食すことは可能だが
箸でつかめないちぎれた部分が
大部分を占めてくると
レンゲでダシとともにすくって食すことに。

ぷはぁ。

ごちそうさまでした。

DSC_9268


ここからさらに南下。

加世田市はずれの
万世ストアー
にて

アイス・バード

DSC_9272


こと

マーちゃんの鶏刺し
(ルイベ状のそぎ切り鶏刺し)

を購入し
さらにさらに南下。

枕崎市かつお公社

にて

DSC_9275


B1鰹腹皮

DSC_9276

DSC_9277


マグロの一汐腹皮

を購入。


本日の目的は達したのであった。


おちまい。



・・・・だからココは
小生の日記と
言うておるに。
(*´・ω・)