もうそろそろ世間の熱が冷めた頃なので
ちょっと物議を醸してみる。


昨年公開され
日本歴代映画興行収入で
現在ナンバーワンを誇る

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編





nezuko



そこまで評価されるほど
面白かったか?
(´д`)



たしかに、圧倒的画力と作画
迫力のストーリーではあった。



小生の一番感じる違和感は


前半の炭治郎たちの部分
いらないんじゃね?



後半の
炎柱・煉獄杏寿郎

十二鬼月・上弦の参
との闘いは
壮絶を極め多くの観客の涙を誘ったが
そこに至るプロセスの
炭治郎・善逸・伊之助
たちの闘いは何だったのか?


あまりにストーリーが断絶していて
まったく脈絡を感じられなかったのであった。



もちろん、一回観たきりなので
気づかなかった伏線
理解できていなかった部分
多々あることであろう。

しかし、それにしても

話が飛びすぎじゃね?


いや、飛んでいると言うよりは
炭治郎たちのせっかくの努力が
まったく報われることなく
闇に没してしまっている

と思えるのであった。

なにしろ前半煉獄さん、

寝てたからなwwww



もちろん小生も
TV版のシリーズは
Netflix
にて2回は通して観て
予習済みである。
(原作は読んでいないが)

そして、世間の

鬼滅フィーバー

ともとれる狂乱ぶりもよく知っている。


あらゆるモノに
ミドリの市松模様が溢れ
「全◯◯の呼吸」
などといった用語が語られ
コラボ商品が幅を利かせる。

その期待感が絶頂に盛り上がり
しかもこの

中共武漢コロナ報道禍

により生活にさまざまな制約を課され
市民のみなさんの
不満が凝り固まっていた
まさにその時に封切られたのだ。


「映画館は空調も整い
ソーシャルディスタンスもばっちり★」


的な宣伝効果もあり
一気に人気爆発したのではないかと
思っている。



しかーし。


前評判ほど面白かったとは
小生には思えなかったのである。


二度見てもういちど伏線の回収を
とまで思い入れられなかったのである。



他にも封切りされた映画があって
通常の生活状態であれば
ここまでのヒットに繋がったのかどうか
小生は疑問に思っている。


一時期火が着いたように
鬼滅鬼滅言っていた世間が
最近パッタリと騒がなくなっている。


しかも、TVシリーズ第2期については
製作発表された時点から

遊郭編

という文言に対し

いかがわしい

だの

フケツ

だの

汚らわしい

だの

歴史を知りもしない軽薄な層が
尻馬に乗って騒いでいるではないか。


どうも、ブームの終演を迎えつつあるのでは
思っている次第。




願わくば
一時期同じようにフィーバーして
パッタリと音沙汰のなくなった

妖怪ウォッチ

の二の舞にならんことを。
(*´ー人ー)



そんな知ったかぶりの評論はさておき。




#おひるにめんいがいのものをたべるれんしゆう

でもいいんじゃないかと
やってまいりました

中華料理菜香園

DSC_9327




これまでにも何度となく食べに来ている。


以前「うなぎのふじ井」があった場所。
らしい。


店の前に前後は短いが
5台分ほどの駐車場があるのがありがたい。


店内へ。


先客が3組ほど。
後客も2組ほど。

テーブルへ。

中華料理菜香園 - Spherical Image - RICOH THETA



うーん、やっぱり麺メニューを頼んでしまうよなぁ、
このメニューがあると。


DSC_9309


「五目そばでお願いします」
Σ(´∀`;)



五目という単語には弱い。

前回訪問時に
オーダーしてからこのメニューに気づき
臍を噛んだものだ。




こちらの店は
おそらく中国人のご夫婦(?)で経営している店で
愛想のいい女将さんが接客
いかつい大将が厨房で中華鍋を振るう。


毎度ではあるが
オーダーしたあとで
卓上のメニューを拝見。

DSC_9310

DSC_9311

DSC_9312

DSC_9313

DSC_9314

DSC_9315

DSC_9316

DSC_9317

DSC_9318

DSC_9319

DSC_9320

DSC_9321


翠園なきあと
カジュアルな街の中華料理店として
夜の利用も視野に入れて良いな。


などと思っているうちに
来ましたよ!

DSC_9322

DSC_9323


おほぉ〜、具だくさん。


では、いただきマース。

DSC_9324


スープをひとくち。


この店の味付けは
いたってあっさりとした仕上げで
塩分もちょうどよい。


変に濃かったり油っぽかったりといった
中華料理にアリガチな味ではないのだ。


中華の具材に
フクロタケ
が入っていると妙にテンション上がるww

なんか高級感。


こういうメニューでは
冷凍ミックス海鮮
が入っているのがお約束だが
エビ以外の海鮮は見当たらず。

おそらく、冷凍の海鮮類は
使っていないのではなかろうか。


麺は中細の中華麺
シコシコとした茹で上がりで交わっており
なかなかにウマし。


アツアツをフーフーいいながら
完飲完食。


DSC_9325


ごちそうさまでした。


女将さんが

「こーひーいりますか?」

と声をかけてくるので

「あ、んじゃお願いします」
Σ(´∀`;)



DSC_9326


この一杯の心遣いが嬉しい。



お支払いはPayPayで。




次は牛肉麺だ!ww