熊本へ。


ほげほげ。

以前熊本にて半年ほど
通いながらシゴトをしていたが
その頃はシゴト先とホテルの往復
この店の前を通りながらも
行くときは朝のため開店前
帰るときはすでに閉店している時間と

まったく訪問することが叶わなかったお店。

DSC_9397


熊本下通り

紅蘭亭


今回は家族4人での訪問であった。

ちょうど12時前の訪問で
先客が3組ほど。

受付で聞いてみると
20分ほどの待ちではと言われたので
とりあえず番号札をもらって並ぶ。

DSC_9395


その間にメニューを研究。


4人ともさほど空腹ではなく
夜におそらく
たくさん食べることになるであろう
と踏んで
軽めに済ませようということになり
熟慮の結果

円卓料理
を2名分取り
あとは餃子を一皿にしようと
いうことに。


今回は小生の

紅蘭亭で太平燕が食べたい

というリクエストによる訪問だったため
円卓料理についてくる太平燕を少しずつ取り分けたら
残りを小生が食べて
あとはみんなでそれぞれ分け合うという作戦。


意外と早く、12時頃には2階の席へ通された。

DSC_9396


小生が通っていたシゴトをしていた頃の
お店とは打って変わり
熊本大震災後に再建されたビルは
真新しくて明るい雰囲気。


紅蘭亭 - Spherical Image - RICOH THETA



・・・・とかいいつつ、
結局この本店で
食べたことはなかったのであるが。
Σ(´∀`;)





さて、運ばれてきました。

太平燕

DSC_9398


お〜、そうそう、
この揚げ茹で玉子が特徴。


長男氏次男氏が少しずつ取り分け
残りを小生が。

いただきます。

スープをひとくち。

DSC_9400


うんうん。

海鮮の滋味たっぷりのスープ。

そしてそこに合わされるのは
透明な春雨。


そう、とんこつ風味のちゃんぽんの麺を
春雨にスイッチしたと思ってもらえれば
だいたい味の想像はつくかと。


まぁ、そう言ってしまえばそれまでで
変わり種ちゃんぽん
的な扱いで終わりそうだが
熊本のソウルフード。



太平燕とは、
「たいぴーえん」または「たいぴんえん」と読み、
日本でアレンジされた中華料理の一種。
春雨スープに
エビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲなどの
五目炒めを合わせ、
揚げ玉子を添えたもの。

熊本県のご当地グルメ。
麺料理の一種。

[Wikipedia "太平燕"項 2021/03/28 採取]



その他の料理群。

DSC_9399

DSC_9401


ぺろっといただきました。


DSC_0000_BURST20210326121354978_COVER



ごちそうさまです。



そんな今回のマクラを省いた本文はさておき。





今回は、

オトナの諸事情

により、プライベート公開にて
以後の記事を誌させていただきます。

私的に繋がりのある方にのみ
パスワードを公開いたしますことを
ご了承願います。




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。