日本での

新型コロナワクチン



wactine


の接種が医療関係者を皮切りに
始まってしばらく経つが
注射を打った医師がインタビューに

「痛くないですよ。注射。( ・∇・)」

などとほざく図を見ると
怒りを通り越して悲しくなる。


おそらくインタビューの一部
マスゴミお得意の切り取りで
垂れ流しているのであろうが

注射が痛いかどうかなど
誰も知りたい情報ではない。

キサマは小学生か。



コロナワクチンを接種することに対し
短期的には副反応(アナフィラキシー)
が懸念されるが
どんなワクチンであろうと注射であろうと
打って副反応が出る人は出るし

死ぬヒトは死ぬ。


冷酷な言い方であるが

万人向けの薬はない

ということである。

それは、たとえば
砂糖を食べても死ぬヒトは死ぬし
小麦粉製品を食べても死ぬヒトは死ぬ。


あらゆることは起こりうるのであるが
それは確率論であって
100万人に一人とか
1,000万人に一人とか
特異体質の方はいるわけで
その一人を救うために
1,000万人が死んでも良い

というわけではない。

もちろんこれは極論だが
コロナワクチンは
たかだか1年未満の治験でしか確認しておらず

短期的には
安全『らしい』

ことが確認されているだけである。


注射を打ってすぐ副反応が出る確率が
目をつぶれるぐらい少ない
というだけである。


しかし。

ワクチンというもの
基本的な考え方としては
体内にコロナウィルス由来の毒素を入れて
抗原抗体を産出させて
それで防御するというものであり
ひょっとすると

一生触れることのないはずであった
新型コロナの毒素




わざわざ身を晒す

いや

その毒素を体内に注入する

ということである。
(※註:わかりやすく表現しています)


その時の短期的な副反応はなかったとしても
それが
10年20年経ったあとに安全であるという保証
はドコにもないのだ。

当たり前といえばアタリマエであるが
そんな保証もないものを
自分の体内に注入しようなどとは
夢にも思わない。



「ワクチン打てばすべて解決〜*\(^o^)/*」

と思っている
マスゴミに洗脳されたコロナ脳の諸氏は
どうぞどうぞワクチンを打って
壮大な全世界的な治験
(人体実験、人柱)

に参加して欲しい。


そして、世界的な集団免疫獲得に
寄与していただきたい。


日本の何倍何十倍何百倍もの死亡率の欧米では
藁にもすがる思いで接種するであろうし
それ以外に方法はないのかもしれないが
この罹患率の劇的に低い日本において
コロナワクチンを打つというリスクを犯す意味を

どうしても見つけられないのであった。


小生、コロナワクチン、打たないから。


そんな個人的な意見はさておき。




前回

壮大な長さの日記

をしたためてしまったので
今日は日記はお休みと思っていたのだが

ウッカリ麺を食べてしまったので

致し方なく誌すことにww


よって、サラッとね。
 (* ̄ー ̄)


今回は久しぶりに

麺匠樹凛

DSC_9591




辛麺8辛

を。


階上に上がると店内は半分ほどの入り。

そして、入れ替わるように次々来客があり
賑わっている。

麺匠樹凜 - Spherical Image - RICOH THETA



周りの様子を観察していると
どうやら

鹿児島を去る方あり
新しく入学で越してくる方あり


といった様子で、

ゆく人
くる人


な風情であった。


そうか、そんな時期か。


去年の今頃は
まったく先行き不安な社会情勢で
拙宅の長男氏など
進学したはいいものの
上京もままならず

どう対応していいのかという指針も定まらず
引っ越しすらできず
入学式もなければ同級生との顔合わせもない
という状況であった。

それにくらべればずいぶん羨ましい。


オーダを通したあとに
メニューを拝見。

DSC_9581


コチラのお店では

 辛メーター推し 

である。

辛麺などのメニューを頼む際に

「これってどのくらい辛いんですか?」

と聞かれて窮することが多いからである。


そんなとき、

辛さの世界統一単位
辛メーター
で説明できればあっという間に解決


というわけである。


「辛すぎて食べられなかった」

とか

「もっと辛いのかと思っていたのに失望」

などといった

辛さの交通事故

を未然に防ぐためにも
辛メーターは必要なのであった。
(力説ww)


その他のメニューも。

DSC_9582

DSC_9583

DSC_9584

DSC_9585

DSC_9586

DSC_9587


さてさて、来ましたよ!


DSC_9588


おー、これこれ。


では、いただきます。

スープをひとくち。

DSC_9589


スープは流動性が高く
てろ〜んとレンゲに流れ込んでくる。


ずずっ!というかズルっと!


ふむふむ。


とにかくこちらの辛麺は
スープのダシ感が濃い。


某県の某有名辛麺店では
スープはお湯であると聞くが
こちらでは元々しっかりとした
鶏ガラ主体のスープに
粗挽きのひき肉を入れて煮込んでいるので
肉肉しいことおびただしい。

スープに紛れたひき肉を噛むと
じゅわっと肉汁も溢れ出し
とにかくダシ感が濃いのであった。


辛さは以下のように

「う〜ん、こりゃ軽めの辛さだなぁ」

「あー、ちょっと辛さが蓄積してきたかも」

「アツアツのスープもあって結構辛いかも」


と段階を追って増していき、
小生の辛ジャッジも

1.5KM

1.8KM

2.2KM


と上がっていった。

よって、最終判断。




今回は
2.2KM
と辛ジャッジ。


う〜ん、どうも小生
辛さを甘く判断する傾向があるようだな。
(´-ω-`;)ゞ

今後の反省材料。


今回もおいしくいただきました。

ごちそうさまです。


DSC_9590


辛さがダメージにならず
さらっと楽しめる美味しさ。


お試しあれ。