先日、スーパーで
とある食材を見つけた。



pole-wiener



伊藤ハム
ポールウィンナー





見た目はそのへんにゴロゴロしている

魚肉ソーセージ

と同じであるが
中身は

畜肉ソーセージ

である。


友人らが
「これウメー!」
とか
「幼い頃から親しんだ味!」
とか言うもので
以前から気にはなっていたのだが
普段あまりこの手の商品に手を出すことがないため
すっかり忘れていた。
Σ(´∀`;)


先日、なんか

酒のアテ

がないものかとブラブラしていて
ふと思い出し探したところ
加工肉製品コーナーに置かれていたため
ゲットした次第。


昔はこのテのケーシングソーセージは
両端がアルミの留め金で留められていて
歯でビニールを噛み破ったり
留め金を歯でくわえて
グリグリ回してちぎったりと
けっこう野蛮なスタイルで食べたものであるが
現在のポールウィンナーは

やさしさクリップ

仕様となっており
留め金がなくなり
ペリッと剥がすシール部分から
するりと剥けるようになっている。


さて、お味のほどは。

ほほー。

なるほど。


魚肉ソーセージとはまったく異なる味。


『肉』

の味わいがする。
ちょっと柔らかい
細かいミンチのソーセージ
といった食べ心地で
「皮なしウィンナー」
っぽい。


なるほどー。


そして、このポールウィンナーというもの
ほとんど関西以西でしか売られておらず
関東では入手困難であるという。


8年も前の記事であるが
以下に詳しい。




なるほどねー。


ちなみに拙宅においては
小生の幼少みぎりより
お菓子や間食に類するものは一切禁じられていたので
このような
アブノーマルな食べ物
に接する機会がほとんどなく
小生の中では

未知なる食材

であった。



現在はネットで購入したりと
生活スタイルが変わってきているので
関東の民でも
入手可能であろうが
いずれにせよ一部には

刺さる商品

であることは間違いない。


そんな知ったかぶりのマクラはさておき。




お昼。


第一候補のアテが外れ
事前に吟味していた第二候補へ。


常に次善の策を考えておく。

麺喰道宗主たるもの
ランチタイムという限られた一時間を
有効に活用するためには
大事な姿勢である。
(。-`ω-)


というわけでやってきました。


麺丼亭

DSC_9793




新屋敷の交差点から
城南通りを鹿児島新港方面に向かうと
右手にこぢんまりとした店が見える。

一見、開いているのか?
と思う出で立ちであるが
立派に営業中。


前回の訪問は1年半ほど前。





・・・・あぁ、、、

この時点ではまだ
QRコード決済
を使っていなかったのだなぁ。
(´д`)


今では、QRコード決済
もしくは
なんらかのキャッシュレス決済が使えないと

「(・д・)チッ!不便だなぁ!!」

と思うようになっているが。


さて、入店すると先客は1名。

麺丼亭 - Spherical Image - RICOH THETA




厨房には3人のおっちゃん
立ち働いている。

一人はだいぶ高齢なようで
主に調理補助。

もうひとりは調理担当で
さらにもうひとりは主に出前担当であるようだ。


店の前には
出前マシーン
が2台ほど止まっているので
もともとMax2名体制の出前であったのだろうが
現在は1名で回していると見た。


カウンターに陣取り、さてメニュー。


DSC_9788


メニュー、多っww


さて、数あるメニューの中で
今回選んだのは

五目やわらか焼そば


先日、小生の日記のウォッチャーという
奇特な方
こちらの店で

海老入り焼そば

を所望されていて

何かウマそー(*´﹃`*)

と思っていたのであった。

ただ、メニュー上どうしても

『五目』

の文字があるとそちらに釣られてしまう悲しい性。
(つд`)


だが、後悔はしない!
(・`ω´・。)



事前の漬物と
ナゾの味わいの冷茶をたしなみつつ
待つことしばし。

DSC_9789


来ましたー!(*゚▽゚)ノ


DSC_9790


ばばーん!


出された時に
「大盛りにしといたほうがよかったか?」
という考えが脳裏をよぎったが

けんこうのためたべすぎにちゅういしましょう。


いざ!


DSC_9791


テラテラとしたとろみあんのテカリが
食欲をそそる。


中太の中華麺を鍋肌で
一部カリッと焼き上げられた
やわらか麺


yawarakasensya

それは
「やわらか戦車」



にとろみあんがまとわりつき
具材をからめ取る。

ちょっぴり濃い目の味付けなので
これは卓上のお酢の出番ですよ。


どぼどぼどぼどぼ。

二回し三廻し四まわし。



うんうん。

イイ感じ。
(*´ω`*)



海鮮系はエビのみならず
ホタテも入っていた。



するするっと完食。

ごちそうさまでした。


DSC_9792


食べ終わってみて初めて分かる
ドンブリの向きが逆さまww

まぁ、細かいことを言ってはイケナイ。


美味しゅうございました。


価格設定がかなりアバウトなので
モノによってはけっこうオトクかと。


また来ます。