ショッピングサイトなどで
よく見かける
5段階評価。


みなさん、景気よく

★★★★★
(五つ星)



付け過ぎなんじゃね?
 (╬⊙д⊙)




chubodesuyo
(星、半分です!ww)


5つあるうちの最高評価ということは
それ以上のものはない

至高の
最高の
究極の
絶対の


アルティメットな状態
であるということである。







これは
アルティメット鹿児島弁アニキ





つまり、
今後この一品を超えるものがない
ということだ。


それを、

「おいしかったでーす」
とか
「好みの味でしたー」
とか
軽いノリで五つ星を付けているのには
違和感を感じる。


よって、小生、
何らかのレビューをして
5段階評価をせなばならぬときでも

★★★★★
を付けることはほとんどない。
(。-`ω-)


フツーにおいしくて
★★★☆☆

こいつぁなかなか素晴らしい
と思ったときでも
★★★★☆


考えてもみたまえ。
「これ以上のものがない」
と最高評価できるようなものが
世の中にどれだけあるというのだ?


まぁ、そもそも
人様のモノを勝手に格付けする
という事自体が気に食わない
という小生の気質もあろう。


評価される側も
星の点数が
コンマ1上がったの下がったので
気にし過ぎではなかろうか。


それよりも、
美味しいものを食して
それを人に勧めたいと思ったならば
言を尽くして語って伝えるべき
ではなかろうか。


そんな
モノゴトを評価する
コト嫌いなオッサンの言い訳はさておき。
(主訴:人事評価なんかやめればいいのにww)




またまた来ました

 中華料理菜香園 

DSC_9807




実はこの店に訪問しておきながら
ワザと麺を頼まず
よって日記を書かない

ということが何度かあるのである。
(´-ω-`;)ゞ

計画的犯行
麺を食べると日記を書かなければならない
ナゾの呪いwwww




だがしかし
今日は麺を食べに来たww


駐車場は店の前に3台分

DSC_9809


横手に2台分。

DSC_9808


横手の方は本当に前後が短く
かつ道路と垂直に停める必要があり
前の道路も狭いので
本当に軽自動車以外停めづらい
店の前の方は斜めに停め
かつ前の道路がそこそこ広いため
普通車も停められる。

ちなみに店の前の駐車場の一番左側は
見ての通りデカブツでも停められる
普通車もOKな駐車場である。


さて、店内に入ると
最近はだいぶ店の認知度が上がったのか
来客が多い。

中華料理菜香園 - Spherical Image - RICOH THETA



喜ばしきこと哉。


今回は
以前から気になっているメニューを。

DSC_9794


単品メニューで最高価格の

牛肉麵
(ターローメン)

をば。


「菜香園特製・牛肉トマト麺」

と書いてある。


中華でトマト麺というのも
今ひとつピンとこないような・・・・。


毎度のことながら
とりあえずメニューを確認。


DSC_9795

DSC_9796

DSC_9797

DSC_9798

DSC_9799

DSC_9800

DSC_9801


一回ここで
火鍋料理の飲ん方をしたいと
目論んでいるのだが
なにせこのご時世

飲ん方は犯罪扱い

であるからして

人類が
中共武漢コロナ報道禍に打ち勝った記念に
盛大に開催したいと思っている。


みなさん、
早くコロナワクチン打って
とっとと収束させてください。


ウチの家族はタヒんでも打たんがな。
 (* ̄ー ̄)


さて、などなどしているうちに
先客のオーダも捌けていき
ようやく小生の調理が。
(麺茹でタイマーのピピピ音で察する)


来ました!!

DSC_9802


おお〜〜〜〜

牛肉とトマトww


香ってくるのは
五香粉系の
八角などの香り。


一気に中華料理っぽい。


では、いただきましょう。
スープをひとくち。


DSC_9803


この店の味付けは
どちらかというと全般的に軽め
薄味傾向であるのだが

この牛肉麺(ターローメン)に関しては
けっこう濃い目の味付け。


おそらく、この牛肉に
しっかりとした下味がついているので
その塩味がスープに染み出しているのでは
なかろうか。


ふむふむ。


麺はシコシコとした茹で上がりにて
歯ごたえもあってウマし。


思った以上にゴロゴロと
2cm角ぐらいの牛肉が
底の方から攫えばさらうほど出てくる。


あ。

この牛肉は
トマトとセットで食べると
ちょうどいい塩梅なのだな。



DSC_9804


トマトと麺は
さっさと攫えてしまったが
牛肉が残るので
最後は牛肉とスープとの闘いww


ぷはぁ。


ごちそうさまでした。

DSC_9805


顔なじみ認定されてしまったのか
女将さんはナニも聞かずに
コーヒーを持ってきてくれる。


DSC_9806


他の客には
「こーひーいりマスか?」
と聞いているのにww
(おそらく女将さんも厨房のご主人も本場モノ)

ムダなやり取りがなくて
合理的ww


ごちそうさまでした。



お支払いはPayPayで!



また来ます!!