麺喰道 (およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

2004年4月、広域指定ヌードルアナリスト団にしてレッツブロガーな習狂呆人「麺喰道」創設。初代宗主に任命(自分で)。 会員数約一名を誇り、全国規模の布教活動のため当blogを開設。 麺喰の道を究めんと、らーめんうどんそばぱすたそーめんきしめんやきそばちゃんぽんに春雨と、あらゆる「麺状」の食を追求。(ついでに言うなら餃子も焼売も『麺』と認定) オススメ、リンク、コメントにトラバ歓迎。 ある日突然、アナタの店にこっそり現れ、「麺」を食して勝手な記事を書いているかも・・・

鶏白湯

当駄blogを全体的に見渡せる【HISTORY VIEW】はこちら!(*゚▽゚)ノ↓
http://blog.livedoor.com/10th/history/menkuidou
麺喰道麺喰地図帳はコチラ!↓
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1h-fUXuzpCFBIg8ql1LQpAh8lnqI&usp=sharing
Facebookの公式?ページ https://www.facebook.com/menkuidou/
千号記念記事【麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/51533018.html
千五百号記念記事【その後の麺喰道のヒミツ】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52417446.html
二千号記念記事【その後の後の麺喰道のヒミツ」】はこちら
http://menkuidou.dreamlog.jp/archives/52467543.html
※※ 旧ブログからの移行記事が多数あるため、レイアウト崩れやリンク切れ写真喪失についてはご容赦ください ※※

モダン塩!麺の房雨ニモマケズ(2021/02/17)



先日、東北を震源とする
大きめの地震があった。

後にこれは、
東日本大震災
(2011/03/11)
の余震ではないかと発表されたが
10年経ってもまだ余震とは
地球規模で見れば10年などという時間は
ほんの刹那である
と再認識させられる。


拙宅の長男氏は、現在東京という名ばかりな
神奈川県東京都町田市
に進学しているが
もともと地震の少ない鹿児島出身ゆえ
この地震をどう乗り切ったものかと
Amazon echo show
によるテレビ電話で確認してみた。

「めっちゃ揺れた!」

と言っていた長男氏であるが
その後ニュースなどを見聞きするうちに
心配になってきたらしく

「懐中電灯もラジオもないよぅ( ;∀;)」

と泣き言を言い出したので
さっそくAmazonせんせーに
防災セット
の配送を頼んだのであるが・・・・


みんな考えることは同じようで
防災セット、軒並み
配送時期が3月以降
となっていた。


いろいろと吟味した結果

防災セット





こちらを注文。


防災セットと言っても
3,000円ぐらいのものから
30,000円ぐらいのものまで
千差万別であるが
とりあえず3日ほど生きながらえるよう
必要最小限のものにしておいた。

まぁ、長男氏の住む賃貸は
大家さんと含めて3世帯という
小さな物件ながら
少し高台に建っており
しかも軽量鉄骨の新築とあって
倒壊の心配は少ないものと思われる。

しかし、近隣の火災など
不意を突かれて焼け出される
ということもありうるので
用心するに越したことはない。


せめて、長男氏が在京のうちには
このようなモノを使わずに済むよう
願うばかりである。


そんな親バカな願いはさておき。


続きを読む

モダン[鶏そば]を醤油で!麺の房雨ニモマケズ(2021/02/03)



昨夜は
124年ぶりに
2月2日が節分

であった。


まぁ、
2月3日だろうが2日だろうが
大した違いはないのだが
(業種によっては大アリww)

拙宅においても
とりあえず豆撒きをした。

昨年9月から長男氏は東京で
ようやく大学生として
一人暮らしを始めたのだが
ちゃんと恵方巻きだけは食したらしい。

さすがにマメは撒かなかったようだがww。
(ひとりまめまき)


ということで、
ヨメ氏次男氏とともに
家の外には

素煎りの大豆を

IMG_20210203_205549


家中の窓から撒き散らし
家の中には
小袋入りの大豆を
袋のまま撒いた。

この小袋入りの豆は
来年の節分まで
大事にその場で留め置かれるww。

マメを撒く前に
昨年の小袋入りマメを回収するのが
拙宅の習わしなのであった。
(どっちが今年のかわかんないじゃん?)
(*´・ω・)


朝起きて家の前の道路を見てみると

DSC_8632


つはのもどもがマメのあと・・・・


クルマやヒトによって
轢かれ踏み潰され
粉々になった
ダイズ。


今日は日本国中
ハトのみなさんや
スズメのみなさんは

腹一杯にダイズを食せたことであろう。
(・∀・)


そんな一過性の年中行事はさておき。


続きを読む

移転!とまらないラーメン愛GET54でTHE鶏そば!(2020/12/28)



おかしいな。
(。-`ω-)



小生的には
12月25日(金)に
やんごとなき理由により
年休設定していて
今日28日(月)は
カイシャの有給取得推奨により
同じく年休設定だったため
先週の木曜日をもって

年末年始大型10連休

に突入のはずだったのであるが
ナゼか金曜日にも出勤
今日月曜日にも出勤で
すでに
4日間浪費した感
が強いのであるが・・・・
(*´・ω・)


そんな
サー◎ス残業の年末はさておき。
(例によって◎には「ヵ」が入ります)


neko_circus


続きを読む

ランチ!らぁめん専門さだでわさびらぁめん(2020/11/25)



最近買ったモノの
お勝手レビュー。



ファスナーが閉まらなくなって
困ったことはないだろうか?
小生はありまーす!
(・`ω´・。)ノ



obokata


以前

ファスナーはYKKに限る

というマクラネタをしたためた。




しかし、バッグなどを購入するときに
ファスナーがYKKであるかどうか
などほとんど気にすることはない。

というか、現在のように
ネットで購入することが主流になっていれば
いちいち現物を手に取ることもないため
確認するすべはない。


そして、しばらく使っているウチに
ファスナーが壊れるんだ、これが。
(|||´Д`) 



fastenner
(画像は拾いモノ)


締めたはずのファスナーが閉まっていないときの
残念さ加減よ・・・・(´(ェ)`)



このような症状の場合、
その原因はほぼ

スライダー

と呼ばれる
開けたり閉めたりするときのツマミ
その部分にあるのである。


このスライダーの精度が悪い
だんだんとファスナーを閉める部分が緩んできて
結果閉めきることができなくなって
でろんと開いてしまうのであった。


これはなんとか修理できないモノかと
ネットの情報を漁ってみると。


ありました。

取り替え式のスライダー。


ライドオン
ZlideOn






ちょっと日本語の響きが
アレ
であるが商品名である。


DSC_7578 (1)

made in Sweden


早いハナシが
スライダーを外して付け替える
それだけのモノ。

・・・・といってしまえば
それで終わりだが
取りつけるに当たっては
ズライドオンのスライダーを
パチンと挟み込むだけ

というお手軽さ。


DSC_7581 (1)



しかーし。


一番難しいのは
既存のスライダーを外す工程。



DSC_7584 (1)


取説によると
スライダーの
トッププレートとボトムプレートを
ニッパーで切り離せ

と書かれているが
厚さ2mmほどもある鋳物のスライダーを
そんなにカンタンにニッパーで切れるモノではない。

何度か試してあきらめた。


結局有効だったのは
マイナスドライバーを
トッププレートとボトムプレートの間に入れて
下に木の板などの緩衝材を敷いて
上からカナヅチで叩いて割る
という方法。

途中、マイナスドライバーでこじったりもしたが
結局ファスナーの噛み合わせ部分を痛めたり
勢い余ってドライバーで親指に穴を開けたり
(ノ∀`)

するだけなのでやめておいた方がよい。


血がドクドク出たがなwwww


DSC_7582 (1)


取りつけ完了の図。


DSC_7583 (1)


ちなみに、購入に当たっては
各ファスナーの規格が違うので
ノギスなどを使って
(簡易的ノギスは百均の工具コーナーで購入可)
しっかりと実寸し
規格にあったものを選ぶことが肝要である。


細かいことは、
上記Amazonのリンク先
ファスナーの幅、厚さを計測の上
購入されたい。


1セット900円ほどと
決して安くはないので
しっかりと計測の上注文することを強くオススメする。

今回小生は

5A-2

という規格のものを購入したが
ワンサイズ小型の

3B-2

と迷った挙げ句
大きめを注文して正解。

どうしても布の部分が多いため
実測してみると小さめに測られてしまうが
よくよく吟味して注文されたし。


小さいとハマらず
大きいとガバガバになるので

ご注意あれ。


しかも、一度既存のスライダーを外してしまうと
新しいスライダーを付けるか
ファスナーそのものを付け替えない限り
そのアイテムは使用不能になる

ので
ご注意のほどを。



そんな
一銭がともならん
お勝手レビューはさておき。


続きを読む

満ぷく鶏そば!麺屋小太郎(2020/09/08)



先日ふと思ったのであるが


世の中のみなさんは

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違い

をご存じなのだろうか。
(*´・ω・)



おそらく
「なにそれタイヤに種類があるの?」
と思われた方が大多数であろう。


もちろんタイヤには
たくさんの種類があるのであるが
このラジアルかバイアスかとは

根本的なタイヤの構造が異なる

のであった。


そもそもタイヤとは、
どのように作られるのか?


現在のクルマのタイヤは
ゴムだけでできているのではない。

もしゴムだけでできていたら
風船のようにびよんびよんと
膨らんだり跳ねたりして
とてつもなくキモチの悪い乗り心地
になるであろう。

しかも、耐久性がない。


そのため、ザックリと説明すると
タイヤを作るには

トレッド部分
カーカス部分
ビード部分

に分けて作る。

トレッド部分は、
タイヤの接地面にあたる。

カーカス部分は、
ナイロンなどのヒモを
スダレ状に織って
薄いゴムを圧着してシート状にする。

ビード部分は、
ピアノ線を巻き付けてリング状にして
タイヤとホイールの接続部分になる。


カーカスを円筒に巻き付けてリング状にし
その両端にビードを付けて
外側にトレッドを巻き付けると
タイヤの原型の完成である。

これを加熱・加圧して加硫
型にはめ込んでタイヤの溝などが作られ
タイヤが完成するのであった。


そして、その
カーカスの繊維方向が
円周方向と
直角に交わる方向と

になっているのが

ラジアルタイヤ

ScreenShot_20200908211039



カーカスの繊維方向が
斜めになっているのが

バイアスタイヤ

ScreenShot_20200908211210


というわけである。


バイアスタイヤの方が歴史は古く
ラジアルタイヤはその
改良版
として生み出された。


そのため、
ラジアルタイヤの方が性能が高く
現在の乗用車のタイヤ
はほぼほぼ

ラジアルタイヤを履いている

というわけである。


そもそも小生にしても
バイアスタイヤの車
に乗ったことがないので
違いは体感していないが
バイアスタイヤの場合
低速走行や悪路走行での乗り心地
がよいらしい。





知らんけど。
(*´・ω・)



そんな自分の知識の再確認のための
マクラネタはさておき


続きを読む

移転開店!麺屋小太郎で満ぷく鶏そば(2020/06/05)



お勝手

 なんちゃら何日間チャレンジ 

Day2。


1日目はこちら。





今回は遅ればせながら大学に入った小生が
塾の講師をしながらあくせくと
借金を返済しながら乗っていたこちら。


CBR250R(MC19) 88'

CBR250R
(乗車期間:おそらく1988/05~1992/06)


このバイクがいちばん思い入れが強い。


大学に入学してまず真っ先に取ったのが
自動二輪の免許。

クルマの免許はヒマにあかせて
浪人時代に取得していたので
自動二輪の取得はカンタンであった。

結局クルマでもバイクでも
免許取得にあたって
自動車学校で
一回もチケットを切られなかったな。
(自慢ww)



コレの前年型の
MC17型のCBR250Rを見ていて
今ひとつピンと来ていなかったのだが
バイク屋に置かれた真新しいコイツを見て
一目惚れして買ってしまった。

当時はやっていた
レーサーレプリカタイプ
というフルカバーのカウルに覆われた
何ともレーシーな雰囲気。

それでいながら
女性でも足つきがよいように
格段に下げられたシートにより
178cmの小生にとっては
足を開いて乗っても
ベッタリと両足の裏が付くという
足つきの良さ。

小柄な車体ゆえ
峠でハングオンをすると
すぐに膝を擦り
イメージとしては
顔が地面すれすれ
といった低重心。

18,500RPMという
とてつもなく高回転まで回る
モーターのようなエンジンを持ち
6速ギアで6,500RPMほど
巡航していると
フィーン・・・・
という官能的なエンジン音
吸気音を奏で
見て良し乗って良し
のバイクであった。

ただし所詮は250ccなので
シグナルグランプリで
横に大排気量車に並ばれると
初速が乗る回転数に達するまでは
若干後れを取るものの
12,000RPMぐらいから上の
パワーバンドに乗ると
弾かれたように加速する
じゃじゃ馬でもあった。

ただし、シグナルグランプリで
全力加速をして1速のまま
先の信号が赤になったりすると
そりゃぁもう大変。
そのままアクセルを戻すと
とんでもないエンジンブレーキがかかってしまい
ヘタをこくとすっ飛んで行ってしまうため
スロットルをゆっくり絞りつつ
全力ブレーキングをするという

テクニックを要求されるのであった。

このバイクでは、
最遠、福岡市内まで行った。

佐賀(SAGA)に住んでいた
のちにSEGAに就職する
友人の下宿に転がり込んで
天神まで遠征しに行ったりしたものだ。

そういえばこの友人も
小生よりも
10cmも身長が高い
にもかかわらず
同じMC19の89年型(限定カラー)を
購入していたな。


高速道路でクルージングしていると
小柄なバイクゆえ
横風にあおられやすく
非常に疲れるので
大型トレーラーの後ろについて
スリップストリームを利用して
楽したりしたものである。

当時の250ccのバイクは
自主規制により馬力が
45ps
に制限されていたが、
この88年型は
どうみても45psを超えていて
実際翌89年型から
キャブレター周りが若干変更されて
やっと規制されていたようだ。

バイク屋からパーツマニュアルを買って
88年型と89年型のパーツナンバー
を見くらべたので
間違いなかろう。

また、排気系を
BEET工業というメーカーの
 NASSERT 
というマフラーに替えていた。

これは、直菅マフラー
(中がまっすぐ抜けていて排気が抵抗無く排出される)
ながら、
マフラー内部をコーン状に
外に向けて細くなるようにすることにより
音がコーン内部で反響し
打ち消し合って

最終的に小さな音になるという
画期的なものであった。

しかし、まぁ、
直菅マフラーゆえ
少々ドスの利いた排気音になり
カムギアトレインの
ぎゅわんぎゅわんいう音と
ぼぼぼぼぼっという排気音の
コンビネーションが
なんとも官能的であった。


最後このバイクは、
現在の会社に入社後も乗っていたのだが
6月最終の金曜日、
今日で社内研修が終わり
いよいよ月曜から配属
という当日の朝
 通勤途中で事故って 
対向車のエンジンの下に潜って
相手の車とともに廃車となった。

・・・・(゚ーÅ) 


いいバイクだったのに。


おかげで救急車で運ばれ
3泊4日ほど
盛大な打ち身と擦り傷により
入院生活を余儀なくされた。

ビジネススーツ
で乗っていたので
救急搬入された徳州会病院で
「ズボンを切って脱がせますよ!いいですか?」
と聞かれたが
まだ新品だったので
「いや、脱がせてください」
とお願いしたのだが
あとから見てみたら
お尻のところがビリビリに割けていたので
その時の看護師さんは
「ナニ言ってんだ、こいつ?」
と思ったことであろう。


そんな愛情あふれて饒舌になった
バイク遍歴第二話はさておき。


続きを読む

新店!中華そば 麺の房 雨ニモマケズでモダン野菜のせ(2020/05/08)



長い謹慎期間が解けた。


・・・・ちがった、
ゴールデンウィークにかこつけた
コロナ禍による
 お上からの自粛要請期間 
がとりあえず終わったのだ。

といっても前回誌したように
小生にとっては
退屈な毎年のゴールデンウィークの再現
であっただけで
特にナニも変わるところはなかった。

しかし、朝通勤で
鹿児島県庁前を通ったとき
県庁職員の
あまりの
マスク装着率の
 低さに 
唖然とした。

ざっと見たところ
県庁舎に向かうヒトビトのうち
マスクをしていたのは
3割程度。

これでは、毎年の花粉症対策
今の時期マスクしている人と
さして変わらぬではないか。

庁舎に入るときに
マスクすればイイと
思っているならば大間違い。


外出時にはマスクをせよと
お上からもお達しが出ているではないか。
痴呆地方公務員が守らず
率先垂範せずに
どこの一般市民が守るというのだ。

まぁ、そもそも鹿児島には
統計的に考えても
市中に新型コロナは存在していないと断言
してもいいところであるが
公務員が金科玉条としている
お上からの許し
が出ていないのに
マスクをせぬとは
由々しき事態である。


mask_girls

よくわからない拾いモノ画像




右後ろwwww



そんな支離滅裂なマクラはさておき。


続きを読む

初襲!らぁめん専門さだ(2019/12/01)



金曜日の晩に
易居町にある

イルカゲストハウス

にて開催された

『たにかつの部屋』

というイベントに参加してきた。


このイベントは
NPO法人ルネスかごしま
という
さまざまな生きづらさを抱えた方を支援する
組織の理事長を務める

谷川勝彦(たにかつ)さん

がゲストを呼んで

『徹子の部屋』

のノリで聞きづらいことや
本人のイヤがるようなこと【だけ】
を聞き出すという
対談イベントである。


一般的に各個人がプレゼンすると
言いたいことや表面上かっこいいことなど
本人が発信したいことしか発信しないため
逆にたにかつさんが

本人がイヤがることや話したがらないことを
根掘り葉掘り聞く

というイベントなのであった。


今回は、知り合いであるたにかつさんが
これまた知り合いである相手をダシに
イロイロと聞きづらいことを聞きまくる
ということで
興味を持って参加した次第。


いやぁ、
ヒトに歴史あり。
(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン


次回はまだ決まっていないようだが
この部屋に呼ばれて
聞かれたくないことを
聞き出されることのないよう
真っ当な人生を歩んでいきたい所存。
(。-`ω-)


イマサラ遅いww



そんなイベントの告知(?)はさておき。
(呼ぶなよ、呼ぶなよ!)


osunayo


続きを読む

初襲!麺屋小太郎でチャーシュー鶏そば(2019/11/08)




先日とある巨匠に聞いたお話。


 なんで自動車評論家などで
大して本が売れたりしているわけでもないのに

フェラーリ何台も乗り回したり
ポルシェが愛車だったり
クルマを何台も所有していたりと


豪勢なヤツがいるのかと
聞いてみた。


tokudaiji-aritusune

いやいや、こちらの

徳大寺御大

などは大ベストセラー作家

『間違いだらけのホニャララ』

などの有名な著書があるため
納得できるのであるが。




すると、あまりにアタリマエの答えが。

そんなのは
もともと資産家のボンボンとかで、
原稿料で稼いでるわけじゃないんだとww

どんだけ自動車評論とか儲かるのかと
思っていたが

なんだそりゃ。

自動車評論はシュミかよ。
(*´・ω・)




そんな生まれながらの経済格差はさておき。


続きを読む

オールリニューアル鶏白湯!とまらないラーメン愛GET54(2019/11/07)



先日のおはら祭。


当日カメラ小僧として写真を撮りまくっていた
同級生の『職人』カメラマン
写真が現像から上がってきた。

ちなみに
『職人カメラマン』
ではなく、
あだ名が『職人』なカメラマン
であるww


その写真がFacebookの
同級生のコミュに上がってくると

『ネガをくれ!』

だの

『焼き回しして』

それ『焼き増しww』


だの

『焼き増しは廊下に貼ってある
写真の番号を記入して』


だの

イマドキの若い衆にはトンと理解不能な
昭和のおっさんにしか迎合しない会話

がひとしきり続いた。


ScreenShot_20191107001004



え~、ちなみに解説すると
昔は『フィルム』で撮影し
そのフィルムには画像が反転した
『ネガ』の形式で写り込むため
それを元に『現像』して印画紙に
『プリント』する必要があり
その『プリント』は再度写真屋にお願いして
『焼き増し』する必要があったのだ。

そして、その『焼き増し』をカンチガイして
『焼き回し』というヤカラも多かったのである。


・・・・(*´・ω・)

わからんって?



そんな、内輪ネタの
昭和ギャグを解説する空しさ
はさておき。
(´д`)


続きを読む

メニューも店舗もリニューアル!とまらないラーメン愛GET54(2019/04/23)



2019年度

平成31年度なのか?
令和元年度なのか?


h31



すでに4月1日(月)から

平成31年度

はスタートしているわけであるが
ナゾの政府の陰謀により


5月1日(水)に改元が行われ

令和元年

が始まるわけである。


このような場合、
上記のような疑問
が起こるわけであるが
そもそも平成元年はどうだったかというと

1月に改元が行われて
すでに4月1日時点で平成の世であったため
なし崩し的に

1989年度=平成元年度

となったようである。



・・・・もう憶えてないけど。


・・・・昭和の時代は
かくも遠くになりにけり・・・・
(ノ∀`)



そんなわけで
5月などという中途半端な時期
での改元のため
冒頭の疑問が湧き起こるわけであるが

政府の見解ではどうやら


4月に遡って今年度は令和元年

とする動きがあるようだ。



まぁ、そのうちみんな

令和元年バンザーイ
\(^o^)/



とかお祭り的雰囲気に飲まれて
既成事実化するのであろうが。




そんな細かいことが気になる
いちおうIT業界の住人
懸念はさておき。
(実はシステム的には遡られると
ナニカと不具合が・・・・(ノ∀`))



続きを読む

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
ギャラリー
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
  • お出汁を喰らうカレー!17ZUMA×お出汁麺食堂Harada(2021/04/16)
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ねこだにゃん

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ