お勝手

 なんちゃら何日間チャレンジ 

Day6。


5日目はこちら。






さてそろろろ
みなさん小生の愛車遍歴

辟易としてきたことであろうwwww


ご心配召されるな、
あと三回ぐらいで終わるからww



さて、東京に左遷され
レシプロエンジンの足を失った小生。


東京でクルマに乗ることなど
渋滞や駐車場の問題などもあって
考えるべくもなかったのであるが。



バイクなら乗れるんじゃね?

弊社借り上げの社宅として
何部屋か社員が住むマンションの
駐輪場はほとんど空いていた。

総務経由で管理会社に問い合わせると
タダではなかったと思うが
ほんの1,000円ほどの月額で
駐輪できたのではないかと思う。


そんな小生の目に飛び込んできたのは
蒲田の社宅の近くのバイク屋に
新古車として展示されていた

コレ。


VTR(BA-MC33) 07'


VTR
(乗車期間:おそらく2007/11~2010/07頃)


小生が購入したのは
シャイニングイエロー
というかつてのBEATの
カーニバルイエロー
に似た色のもの。

こちらのほうがちょっと
オレンジが勝っていたな。
しかも、パールカラー入りだったし。



上記の写真は昨年11月の日記の使い回し。


ナゼならば。


昨年このバイクの話題を
さらっと触れているから。


そのときの話題は

『チョーク』


chalk


であったけど。





上記記事でも触れたいるが
小生の購入したのは
このVTRの
キャブレータ最終世代

cabrator

である。

この年、ほとんどのホンダ車が
平成10年自動車排出ガス規制適合対応で
EFI
(えれくとりっくひゅーえるいんじぇくしょん)
に転換したからな。

イニシエの霧吹きの原理を応用した
キャブレター
ではきめ細やかな空燃費対応ができず
電子制御方式へと変わった
その転換期であった。


べつに
キャブレター至上主義
とかマッタク思い入れはなかったのであるが
そのカラーに惹かれてのことであった。


実は、このVTRよりも
ホーネット

HORNET

が欲しかったのだが
なにしろ10万近く高く
前車を売却した下取り価格では
足が出てしまうため
泣く泣くあきらめたのであった。
(ノ∀`)


なぜホーネットにこだわったかというと
かつての愛車

CBR250R

と同じ
直系のインライン4
カムギアトレインエンジン

を搭載していたため
かつての懐かしい感覚に浸れると
思ったからであった。

しかし、この頃のバイクは
すっかりエンジンはパワーダウンさせられ
牙を抜かれてしまっていたため
乗っていたなら乗っていたで
不満を感じたかも知れない。


ひるがえってこちらのVTR

80年代に爆発的に売れた

VT250F

VT250F

のVツイン直系エンジンを
搭載していて
二気筒の

ばるるるるるっ!!

という独特のサウンドを響かせる
ものであった。


しかし、最初のバイクが
フルカウルのレーサーレプリカで
モーターのように回り
官能的な高周波サウンドを奏でる

4フォアエンジンの味を知ってしまうと
Vツインの感触はどうにも物足りない
のであった。


この感覚は結局最後まで尾を引き
ついになんだか楽しめないまま
手放すことになってしまった。


東京で乗っていたころも
実際乗れるのは週末のみで
しかも疲れ切って元気がないと
乗らずに終わってしまう。

土日も満足に休めないことが多い
巨大プロジェクト
に組み込まれていたので
自分の自由になる時間が
極端に少なかったことも大きい。


いざ乗り出しても、
ちょっと遠くの買い物や食事に行くには便利だが
遠乗りをしようと思うと
まず道を知らないので
国道1号を走っていて
知らないうちに有料道路に
引き入れられていたり

渋滞に巻き込まれて
バイクの良さをマッタク感じられなかったりと
デメリット
しか感じなかったのであった。

東京の喧噪を抜けるまでに
すっかり疲れてしまうのであった。
( ̄Д ̄ )


そんなわけで東京では
ほとんど走行距離が伸びず。


そのうちに、
弊社としてはレアケース
なことに
小生、鹿児島に帰ってこれることになった。

東京で巨大プロジェクトの歯車として
組み入れられても
マッタク自分のスキルを生かせておらず
忸怩たる思いをしていたところであったが
たまたま鹿児島で生じたプロジェクトで
小生の持つ社内でもレアなスキル
が必要とされ
呼び戻されたのであった。


そんなわけで、
バイクを会社の引っ越しの荷物とまとめて
鹿児島に送り届け
しばらくは乗っていたのであるが。


以下、次号ww



そんなもうみんな
読む気を失ったと思われる
なかなか終わらないマクラの連載はさておき。


続きを読む