6時のアラームで目が覚める。

昨夜はホテル泊であったが
1月末にオープンしたばかりの

グリーンリッチホテル宮崎橘通2




温泉ではないがそこそこの大浴場
サウナ水風呂付き。

部屋も広くベッドも大きく
なにしろ新築とあってどこも清潔快適で
すっかりしっかりよく寝たなぁ。

睡眠時間は5時間ぐらいだったが。
(日記書いたりしてたのでww)

こんなに朝早く起きたのには
理由がある。


宮崎市街地から日向市内まで
朝イチに駆けつけるという
今回の主目的もさることながら
(さることなんだww)

宮崎といえば朝うどんですよ。
 (* ̄ー ̄)



おくのうどんで。

DSC_9222




やぁ、イカニモな朝日を浴びたカンバンww

来客は年齢層高めだが
次から次にやって来る。

DSC_9223


なにしろ、オープン5時半だからな。

DSC_9221


これでも老人層には遅いのかもしれんがww


ここでは、
ラーメン二郎系の店よりも
高度な注文テクニック

を要する。

DSC_9220


列に並ぶと
自分の番より手前で

「うどんでいいですかぁ?」

と聞かれる。

うどん屋に来ておきながら
そばを注文するヤカラ
がいるからである。

麺は事前に茹で始めているため
そばを頼まれると
タイミングが崩れるのであった。


そして、自分のオーダの番に。


「じゃこ天うどんで!」


この『か』が重要。

天かすの『か』なのであった。



何度も何度も消しゴムで消されて
リサイクルされた
A6サイズほどのオーダ票に
注文を聞き取りながらおばちゃんが
チェックを入れていく。

このオーダ票は
おばちゃんたちのみが使用するので
客が手にすることはない。

ここでチェックを入れたら
次に回され具を
流れ作業でどんどんどんと載せて

完成!


セルフで自席まで運んでいくが
常連ともなると
このほんのわずかの待ち時間
座席をとって水を運んでいるが
老齢ゆえ少々機敏な動作に欠け
できあがったうどんが
取りに来られないまま残ることになり
後続の列が滞るww


じーちゃん、まずうどん持ってけ。
(´д`)


さて、自分で座席を取り
後追いでを取りに行く。

おくのうどん - Spherical Image - RICOH THETA



実はこの時間も惜しいところ。

それは、
うどんがどんどんダシを吸って
のびていくからなのであった。


DSC_9218


茶は、自分で急須代わりのヤカン
茶っぱを入れ
給湯器の蛇口からお湯を注ぐ。

この給湯器も年代物のようで
蛇口の注ぎ口に
温泉の蛇口のように

湯の花

様の白いカルシウムが析出しており
お湯の出がすこぶる悪いww


さぁて、少し時間が経ってしまったが
いただきましょうか。

DSC_9216


若干ダシが減っている気がするがww


では、まずはダシをひとくち。

DSC_9217


ダシがアツアツだなぁ。

イリコが前面に立って
背後からコンブが支えているといった感の
独特のダシ。

うどんは極限まで柔らかく
箸でたぐるのも困難ww

歯ごたえはほぼ
ダシを吸った天かすと同じ。

つまり、
歯ごたえゼロである。


注意しないともつれた麺は
たぐってもプチンとちぎれてしまい
まわりにダシを飛び散らすのみ。

しかも、熱々のダシのため
うどんはダシを吸い
どんどんのびていく。

意外とボリュームがあるんだなぁ、
これが。

じゃこ天かうどん
これでも330円なんだなぁ。


ごちそうさまでした。


DSC_9219


そんな朝うどんはさておき。



続きを読む