先日、鶏刺しを購入した。


山形屋の地下食品売場で。





ミヤ☆自由イチロー


・・・・写真は、『山形屋』ワード以外
まったく関係のない

山形屋の異端ショップ

 What 

もっと異端な店長
ミヤ☆自由イチロー氏。
(無断掲載ww)



山形屋1号館と2号館の間の道路を渡って
2号館に入った入口の階段を地下に降りる。


DSC_5640


そこは食品のワンダーランド

そして、この右手の

 CHICKEN 

と表示のあるガラスケースの中に
くだんの鶏刺しはあるのである。


DSC_5638


これだけたくさん入っていて
518円。

およそ200gほど。


この鶏刺しはドコの鶏刺しかというと
かつてあった
ドル貧ポート
なる商業施設で売っていた


DSC_5639


福山かしわ店謹製。


ちなみにドル貧ポートは
ドコゾの無能な知事のテコ入れすらなく
無策なまま取り壊され
跡地は利用の方針すら立っていない。
┐(  ̄ー ̄)┌


おっと、知事選のさなかに
特定の候補者
をクサしてはいかんな。


とにかく、
東市来という鹿児島市から
そう近くもない遠隔地から
わざわざ毎週火・木・土に入荷しているようだ。


以前からここの鶏刺しはウマい
各方面から耳にしていたので
天文館に出たついでに
購入してみた次第。


その日の夜。

さー、パパ、
鶏刺し食べちゃうもんね~


DSC_5645


ををっ!!


DSC_5646


では、いただきます。


鶏刺しには
甘い鹿児島の醤油の中でも
特別に甘い
醤油餅の醤油のような
鶏刺し専用醤油
にお好みで
おろしニンニクやおろしショウガ
を溶き
いただくのがよろしい。


では。


ぱくっ。

((・ω・))モグモグ



(゜Д゜)ウマー


なにこの肉厚!!

そしてモッチリとしていながら
サクッと歯の立つ
得も言われぬ歯ごたえ・舌触りの
肉質は!!



今まで近所のスーパーで買っていた
少々貧弱な肉薄の鶏刺しは
いったい何だったのか?


と問い直したくなる。


いや、スーパーのヤツはスーパーのヤツで
リーズナブルにお手軽に入手できて
小味が効いていて
それはそれでウマい

のであるが
この鶏刺しとは別モノ。


実は小生、これまで
鶏刺し専門店
(鹿児島にはいたるところに存在する)
で購入したことがなかったのだが
今度からはぜひ
専門店を攻めてみたい
と思った次第。


そんな焼酎のアテを論じる
おっさんの感想はさておき。
(いちおう晩メシww)



続きを読む