夏場はクールビズにて
ネクタイしなくてすむ昨今。


だがしかし、11月にもなれば
スーツ着用にネクタイを締めることが求められる

残念なサラリーマン稼業。
(ノ∀`)



ネクタイがプラプラするのを好まない小生は
タイタックにて
ネクタイを固定するのが常である。


48379426_996499197217802_3892885570283634688_n


だがしかし、このタイタックやタイピンというもの
オシャレ用品として各種ブランドから出ているため

フツーに5,000円とか10,000円とか
(οдО;)!!


非常識な値段
が付いているのである。


コレまでの長いサラリーマン生活の中で
いったいいくつのタイタックを
なくしてきたことであろうか。



パーツとしては小さいため
ポロリと落ちてしまっても気づきにくく
それがゆえに紛失も多いのであった。


ナニもそんな
ご大層な高いタイピン・タイタック
じゃなくても良さそうなものであるが
そもそも売ってないのである。
(´・_・`)



一度、ネットで見つけた1,000円ぐらいのものも
使ってみたのであるが
あまりにチープでみすぼらしく
しかも金具の噛み込みも甘いのか
あっちゅう間になくなってしまったがww


これなら、作った方が安いんじゃね?
(*´・ω・)



東急ハンズや手芸の店などで
タイタック用の台座とピンズの部分
がセットになったモノが見つけられれば
もうできたも同然。



あとは飾りの部分をどうするかであるが
お手軽なのは
スワロフスキーのカットグラス
(ダイヤのようにカットされたもの)
とそのサイズに合わせた爪の金具で
装飾するパターン。


スワロフスキーは少々キラキラしすぎであるが
小さめのサイズのものを選べば
さほど気にならない。


ということで、数年前に手作りした
金の金具のモノ銀の金具のモノ
2パターンを順繰り常用している次第。


これなら、たとえ紛失しても
パーツ代で言えば500円ぐらいだしな。


そんなみみっちい倹約家オトーサン
生活の知恵はさておき。



続きを読む