みなさん意識しているだろうか?


日本で消費されるウナギ
すでに

#絶滅危惧種

に指定されているのであるが
その割には
あまりに身近に
あまりに安易に
販売されていないだろうか?


うなぎ専門店であれば
当然ソレナリにお高い価格付けで
その価格に納得ずくでいただくことであろうが
そのへんのスーパーに
無造作に蒲焼きが並んでいたり
激安飲食チェーン店などでも
ホイホイとうなぎを食することができる。


絶滅危惧種の指定ってナニ?










小生などビンボー人は
うなぎなど数年に一回食せば満足する。

別にうなぎが食べられなくなったからといって
何にも困らないタチであるが
うなぎを食さなければタヒんでしまうような
特異体質の方には
死活問題であろう。
(いるのか、そんなヤツ)


別にうなぎのタレ丼でよくね?
( ゚σω゚)


なんなら、サンマとかナマズとかの
蒲焼きでもいいんじゃね?
(゜д゜)ポカーン



うなぎ食ってる場合じゃないんじゃね????
 (╬⊙д⊙)





だがしかし、当然モノゴトには裏表があり
うなぎは絶滅になど瀕していない!
という意見もあるのでご参考までに。




コチラの主張は
うなぎが絶滅に瀕しているのではなく
日本のうなぎ文化が絶滅に瀕している

というものであるな。



ナニが真実
ナニがフェイクであるのかを
消費者自身が情報を集め
判断する時代である。

どちらが正しいのかは
各自の判断に委ねたい。




そんなうなぎにさほど興味のない
だがしかし絶滅されることには反対
一般市民の意見はさておき。


続きを読む