先日の日記

カップ麺の消費期限が迫っており
その消費を優先させるため
イエメン
(家麺)
している


と誌したところ


#消費期限を気にするとは師匠らしくないなぁww


などと口さがない連中からの
お叱りの言葉を受けた。
(↑身内ww)


普段から

消費期限はナンボのもの

とか

冷蔵庫の右下の区画は
『パパゾーン』
と呼ばれ
消費期限切れの食品の集積所になっており
小生はそこからしか食べてはいけない


とか
そんなことばかり書いているからであろうが

ナニをおっしゃいますやら。
┐(  ̄ー ̄)┌




カップ麺ほど消費期限にシビアな
いや、期限内であっても

いかに早く食すかが肝要

である食品はないのである。
(。-`ω-)




その理由は!!
m9( ゚Д゚) ドーン



薬味のネギ。



cup-negi



経験がないであろうか。


期限内のカップ麺でも
期限後半になると
緑色だったはずの乾燥ネギが
茶色や黄色に褪色・変色し

見るも無惨な

食欲をそそらない姿

に成り果てているのを。



実はカップ麺に入っている
フリーズドライのネギ
というもの、品質には影響ないのであろうが
経年劣化が早いのである。


せっかく彩りのために入れられているネギが
茶色く変色してしまっていては

彩りになっておらず興ざめ

というものであろう。


よって、カップ麺は
消費期限内であっても
いかに早く食すかが肝要なのである。



そんなしたり顔のごもっともな意見はさておき。


言い訳ですが、ナニか?
 (* ̄ー ̄)


続きを読む